ホルモン療法・一回目。
c0198524_21102392.jpg
ブリーダーさんから引き取る際に、既に僕らに知らされていたPrestoの停留睾丸。2度目の予防接種を受けた時に獣医さんに相談してみたところ、即手術かホルモン投与、もしくは時の運に身を任せる(いつか睾丸が降りて来るだろうと期待して待つ)かの3つの手段があると言われた。その後僕らは熟考の末、ホルモン投与を試みてみる事に決めた。
この注射は全部で4回。注射の瞬間はかなり痛いと言われ僕らは躊躇したが、Prestoははじめに「キャイン!」と泣いただけで無事接種は終了した。後3回の注射、がんばれPresto!!
写真は接種前の待ち時間に病院の側で撮影した、首輪周りを掻き掻きするPresto。Presto小さ過ぎて殆ど見えませんね(汗)。
by presto-presto | 2009-01-08 21:08
<< 義両親の訪問。 はじめての空港。 >>



-僕とパートナー・Tと共にドイツで暮らすウィペット・プレストとの日常の記録。                 Presto:2008年9月18日生まれの♂のWhippet。           
by presto-presto
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31