久しぶりの晴れ間。
c0198524_922786.jpg
丁度僕の歯が疼き始めた頃から、毎日雨、雨、雨とドイツは雨期に突入してしまったのかという程鬱々とした天気がずっと続いていた(土曜日を除く)。

そんな訳で、爆走の出来ないPrestoも雨の中散歩に付き添わなければ行けない僕らも、共々欲求不満な日々を実は過ごしていた。
そして今日もまた雨かと思いウンザリしながら起床。いつもの如くTが遮光スクリーンを開けると、何と窓からは燦々と輝く太陽が!!! 

久しぶりの晴れ間に浮き足立つ飼い主と飼い犬。

散歩先でPrestoは久しぶりに心行くまでバビューンと爆走。そしてそんなPrestoの爆走を心地よく見守る僕。そう、これこそが僕らの散歩の最大の楽しみなのだ。

爆走を終え満足げに佇むPrestoにファインダーを向ければ、そこには名も知らない、だけどとっても春らしい黄色い花のつぼみが膨らんでいた。そんな道端の可憐な小さな黄色い花のつぼみをを見ていると、じつは春はもうすぐそこまで来ているのかもしれないと思った。
by presto-presto | 2009-03-11 01:31
<< 日暮れの時刻。 明滅する肉球。 >>



-僕とパートナー・Tと共にドイツで暮らすウィペット・プレストとの日常の記録。                 Presto:2008年9月18日生まれの♂のWhippet。           
by presto-presto
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30