道端で見つけたもの。
c0198524_80216.jpg
日曜午後の定例ロング散歩。今日は未だ行った事のないルートを開拓する。





今日開拓したルートは砂利で舗装された歩き易い平坦なルートで、両脇に広がる緩やかな田園風景が美しい週末のブラブラ散歩にはもってこいの道。
この近辺では中々人気のある散歩道のようで道行く人も多く、道半ばまではPrestoもリード付きで散歩。辺りに人気がない事を確認してからPrestoのリードを外す。
c0198524_855710.jpg
僕らの前をいつもの如く鼻を地面に押し付けるようにして歩いていたPrestoがハタと立ち止まる。

一瞬僕らの頭をよぎる嫌〜な予感。

「う、またも野糞か!」・・・

急いでその場に駆け寄る僕らの目には野糞の証ともいえるテッシュペーパーは見当たらない(ホっ)。
それではまた何か拾い食いか!と思いPrestoがクンクンと匂いを嗅いでいるところに近づいてみると・・・
c0198524_8102282.jpg
そこには飛び疲れて寿命が近づいていた蝶が一匹。どうにか飛び立とうと試みているところだった。
c0198524_8164460.jpg
そんな蝶をなぜか草陰に身を隠しながら興味深そうに全神経を集中させて観察するPresto。
c0198524_8181562.jpg
優しいまなざしでうっとりと蝶に見とれているのかと思いきや・・・
c0198524_819737.jpg
いきなりパタパタと羽ばたき始めた蝶にビビり警戒態勢をとってみたり・・・
c0198524_8221172.jpg
「いやいや暑いですな。何だかそろそろ雨が降り出しそうな気配ですがご機嫌いかがですか?」と蝶に語りかけてみたり(勿論そんな訳はない。汗)・・・
c0198524_8243576.jpg
「ねぇコレ喰ってもいい?」「可哀想だから食べちゃダメ!」なんて会話が僕らの間で交わされたり・・・
c0198524_8283982.jpg
僕らが歩き始めてもそんな事にも気付く様子もなく未だに蝶にご執着のPresto。

Tがフリスビーをちらつかせてやっと僕らの元に飛んで来る始末。

はじめて間近で見る蝶。パタパタと羽を動かす蝶に興味津々。何故だかわからないけれどもとっても気に入った様子だった。
c0198524_8325254.jpg
そして帰り道では丸くて黒いカメムシのような昆虫も発見。
これは蝶とは違い即座に食べようとしたところを素早いTにより見事に阻止され残念そうな目で道端に佇む虫を振り返っていた。



そして帰宅後には散歩道で食べ損なったカメムシへのリベンジか、Prestoの犬生はじめての飛ぶハエの補食に成功。

ハエの補食は、Prestoに始めてブリーダーさん宅で会った時にPrestoのお祖母さんにあたるウィペットが僕らの目の前で見せた技。僕らは飛ぶハエをパクッと素早く補食するウィペットを目の前で見ていたく感心したものだった。
この器用なお祖母さん犬の血統の為す技か、遂に我が家のPrestoも補食に成功。ハエの補食後にやけに褒められたPrestoは何で褒められてるのか良く分かっていない様子だった(笑)。
by presto-presto | 2009-05-11 08:54
<< もういいかい? 黄色に染まる春の野原。 >>



-僕とパートナー・Tと共にドイツで暮らすウィペット・プレストとの日常の記録。                 Presto:2008年9月18日生まれの♂のWhippet。           
by presto-presto
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31