春の夕立ちとボンレスハム。
c0198524_7383459.jpg
今週は毎日毎日、午後になるとバケツをひっくりかえしたような激しい夕立ちに見舞われた散々な一週間だった。





まぁ本当にここまで激しく降るかね?とお天道様に訪ねてみたくなる程激しい雨が毎日毎日降り注いだ今週。勿論激しいのは雨だけではなく風もまた強力。まさに嵐のような暴風雨というにふさわしい強力な夕立ちが続いている。
c0198524_7463542.jpg
昨日はそれに加えバラバラとヒョウまで降って来る始末。
上の写真のバラの鉢の中に見える白い物体が昨日降り注いだヒョウ。今年はまだ降ってこないが、しばしゴルフボール〜テニスボール大(これはごく稀)の大きなヒョウが降ることもあり、そんなのが降って来た日には路駐の車はボコボコに。また酷い時は家の屋根を突き抜けて部屋にヒョウが飛び込んで来たり窓ガラスが割れたり(これは稀。でも以前住んでいた家で体験済み)壁が銃弾で撃ちまくられたかのような悲惨な状況(これも実際に見た)になるほどとんでもないヒョウが降る事もある。
c0198524_7581446.jpg
窓にバシバシ降りつける激しい雨音も、遠くに聞こえるカミナリの音も気にせず悠々と午後の睡眠をむさぼるPresto。

サイトハウンド系の犬は花火やカミナリの音に敏感で過敏に反応すると聞いていたのに・・・大晦日の激しい花火の音にもカミナリの音にもビビらないPrestoって結構神経図太いのかも。

とそんな時に・・・





「ピカッ!」

「ゴロゴロ、ドカーン(エコー)!!!!!」


家全体が揺れるような大音量と共に盛大に我が家の近くにカミナリ落ちた模様。

c0198524_848392.jpg
さすがにこれには我が家の神経図太いウィペットもガバッと跳ね起き両耳ピーンと立てて緊急警戒体制に。

寝ぼけ顔ながらも状況を把握しようとキョロキョロするPresto。

まさに飛び上がるように跳ね起きたPrestoの動作と、漫画の「ガーン!」といった効果音付きのショックを受けた時の表現法の定番である目の下に縦線が入ったようなPrestoの顔が可笑しくて微笑む僕。



しかし・・・
c0198524_810442.jpg
我が家には何の異常を見受けられない事を確認したPrestoはまた「ふぅー」という不服そうな大きな溜息と共に昼寝続行。肝が据わっているというのか神経が図太いというのか・・・


そんな図太いPrestoを見ていた僕の頭を過ったのは某ハム屋の名コピー・・・

「腕白でもいい。逞しく育って欲しい。」



・・・何だかなぁ。
by presto-presto | 2009-05-16 08:42
<< 天駆けるウィペット。 菜の花の咲く丘にて。 >>



-僕とパートナー・Tと共にドイツで暮らすウィペット・プレストとの日常の記録。                 Presto:2008年9月18日生まれの♂のWhippet。           
by presto-presto
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31