新緑の森と夕立ち。
c0198524_19272271.jpg
日曜定例のロング散歩。

今週はTの希望で、二人と一匹は久しぶりに緑薫る森への散策に向かう。





c0198524_19302589.jpg
連日の夕立ちで森は青々と成長し、またジットリと雨を吸い込んだ腐葉土の地面はフカフカだけど滑り易かった。
それでも久しぶりの森にPrestoとTは大喜び。僕はというと、目に眩しい新緑と雨上がりの森の匂いを楽しみつつも、また足を挫いてしまうのではないかと視線は足下に行きがちだった。殆ど人の行き来の無いこの森の小道は、所々で成長した植物が道を塞いでいたり頭上にはクモの巣があったりしたので、Tに命じられ僕が先頭に立ち露払い(Tはクモが大っ嫌い)。
c0198524_19423873.jpg
この日は午前中はまるで初夏を思わせるような気持ちの良い晴天だったけれども、午後からは雲行きが怪しくなり午後2時頃に最初の夕立ち(というには早過ぎるが)。その夕立ちが去り、またお日様が顔を出したのを確認してから僕らはこの森の散策へと出かけた。
しかし丁度僕らが森を出る頃にポツポツと雨が振り出し、瞬く間に夕立ちの土砂降り状態に。しかしこの日はTが折り畳み傘を持参していたので頭は濡れなかったものの僕の半身とPrestoはびしょ濡れに。
c0198524_1947765.jpg
森を出てから20分程、僕らの車が止めてある駐車場まで雨の散歩となる。
写真はずぶ濡れのPresto。土砂降りの雨でも嫌がる様子も見せずに寡黙にズンズンと前進する。それでも雨が滴るのは嫌なようで、頻繁にブルブルブルと雨を吹き飛ばしていた。
c0198524_19553956.jpg
駐車場に付く頃には土砂降りの雨も上がり、写真のような太陽が燦々と降り注ぐ晴天に。車に辿り着いた頃には半身びしょ濡れの僕ら、全身びしょ濡れのPresto。どうもこの日の散歩はタイミングが悪かったようだ。
c0198524_19583277.jpg
車の中で猫の如く全身を舐め回し濡れた体をグルーミングするPresto。

この後Prestoは自分の濡れた体だけではなく僕の濡れた腕や車を運転するTの腕まで舐めてくれた(笑)。
c0198524_2023538.jpg
駐車場を出てから5分程の僕らが住む町の中心部に着く頃には写真のような青空が広がっていた。しかしこの30分後にはまた雷を伴った激しい土砂降りの夕立ちに。

何とも安定しない最近のこの天候。一体何時になったら落ち着くのやら・・・。
by presto-presto | 2009-05-18 20:08
<< WELCOME, Hounds... 天駆けるウィペット。 >>



-僕とパートナー・Tと共にドイツで暮らすウィペット・プレストとの日常の記録。                 Presto:2008年9月18日生まれの♂のWhippet。           
by presto-presto
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31