Ruff Wear -Web Master™ Harness
c0198524_342368.jpg
星の首輪を付けちょっと首を傾げたラブラドールがトレードマークの、アメリカはカリフォルニア州を本拠とするRuff Wear。とってもしっかりとした作りと信頼出来るクオリティが僕らのお気に入りの、様々な犬グッズを販売する会社である。

先日の旅行で訪れたドッグフェスティバルで僕らはRuff Wear 社製のハーネス、ウェブマスターを購入する。





本来断然に首輪派だった僕ら(笑)。

町で見かけるハーネスをした犬を横目に、犬は絶対に首輪に限るよねと常に話していた僕達。しかし普段の30分〜1時間程度の散歩では首輪でも十分だけど、舗装されていない山道や長距離のトレッキングでは首輪よりもハーネスの方がPrestoにとって負担が少ないのではないかという考えがふと僕の頭をよぎる。
c0198524_3442122.jpg
そこで僕の頭をよぎったのがこのウェブマスターハーネス。
ネット上でもかなりの高評価を受けていたこのハーネス。実際に手にしてみると、そのしっかりとした作りと実際に装着した時のフィト感に驚かされた。

まず何といっても感心したのは、犬の快適性と運動性、機能性を惜しみなく追求したその形状。
真ん中についているグリップは山歩きで犬が飛び越えられない場所などで重宝(そんな場所に行く程僕らはハードなアウトドア派ではないけれど)し、メインのグリップに直角になるように付いている小さなグリップには夜間用のビーコンや名札などを付けられるようになっている。
ちなみにこのメインのグリップ。犬が怪我した時に軽々と持ち上げられるのは勿論の事、愛犬が呼び戻しに応じず暴走した場合でも、首輪よりも遥かに楽にキャッチ出来るという利点もある。
c0198524_4281266.jpg
リードを付ける金具もとてもしっかりしたものが付いている。

個人的にはリードを付ける穴がもう少し大きくてもいいかなと感じたが、それは極些細な点で基本的に使用するのに何ら問題は無い。
c0198524_4302246.jpg
このハーネスで一番感心したのが、このサイドの仕組み。

普通ハーネスをピッタリと装着すると犬にとって締め付けがキツ過ぎて運動性が損なわれたり、少し余裕のある場合はスルリとハーネスからすり抜けたりしてしまう心配がある(特にサイトハウンドのように特殊な体型をしている場合)。
しかしこのハーネス、体にピッタリとするようにキツく絞めても、上の写真の部分に若干の遊びが設けられているため、犬が呼吸をしても締め付けられず、この遊びの部分が犬の動きに会わせて伸縮する仕組みになっている。

購入時に説明を受けた時に、何とも犬視線で作られたハーネスなんだと僕らはとても感心した。
c0198524_21401264.jpg
唯一の難点、といってもこれはハーネス自体の難点ではないのだが、裏面にビッチリと付着するPrestoの毛。

「短毛で毛の手入れも不要で非常に飼い易い犬種・ウィペット」と巷では喧伝されているが、実際に飼ってみると毛の手入れは必要ないものの、抜け毛は他の犬種と変わらずかなり激しい。
このハーネスを使用した後も、抜け毛が写真のように貼り付く始末。そして短毛故に布の繊維の間に入り込むのか毛が取れない。我が家の強力掃除機・Dysonでも吸い込まないという訳で、我が家ではハーネスに付着した毛は放置している。
c0198524_21463718.jpg
Prestoに実際に装着してみるとこんな感じ。

首周り/35cm、首から尻尾までの全長/48cm、前足後ろで計った胸囲/56cm、ウエスト/43cmのPresto。
webサイト上で適応サイズを見ただけだとサイズ・Sが良いかなと思っていたのだが、実際に試着してみると、サイズ・Sだと腰ベルトが長過ぎてハーネスを固定出来なかった。
という訳でPrestoにはサイズ・XSを購入。そのためハーネスの全長が短い為に背中のグリップが体の真ん中に位置しないけれども、瞬時の持ち上げには問題無し。ただしこのグリップを使用して鞄のように持ち歩くとPrestoはバタバタと暴れ始める。


このハーネスを出店で試している時に、横で見ていたTが「私、絶対この格好で散歩に行かないからね!」とボソッと僕に囁く(Tは犬服や犬を飾り付けるのが大ッ嫌い。琥珀の首輪の章、参照)。
じつは僕もこの機能的なハーネスを気に入ったものの、実際にPrestoに着せてみると何だか「SWAT」みたいでちょっと見た目ハードなマッチョ系だなあと思ったのが正直なところ(要は"かわいく"は無い)。
c0198524_2284692.jpg
しかし実際に装着してみて散歩に出てみてビックリ!!!

何と今まで散歩のはじめはウシの如く思いっきりリードを引っ張ってハァハァ言っていたPrestoが、まるでショードッグの如く軽やかな足取りで散歩をはじめる(それでも最近は散歩のはじめと他の犬に遭遇した時だけ無茶苦茶リードを引っ張るが、普段はユルユルで歩けるようにはなっていた)。
思わず僕はその「軽さ」に感動して、怪訝な顔で隣を歩いていたTに「ねぇリード持ってみてよ!信じられないから!」と子供のようにはしゃいでしまった程。

実際にTもハーネス装着時の羽毛のような軽やかさで散歩するPrestoに感嘆し、今では首輪はトイレ散歩時のみに使用。普段の散歩では率先してこのハーネスを愛用しているという事実を最後に、この長ったらしいRuff Wear 社のウェブマスターハーネスのレヴューを終えたいと思う。
by presto-presto | 2009-06-14 22:19
<< 見下ろす犬。 退屈な1日。 >>



-僕とパートナー・Tと共にドイツで暮らすウィペット・プレストとの日常の記録。                 Presto:2008年9月18日生まれの♂のWhippet。           
by presto-presto