中世時代祭り・見学編。
c0198524_901866.jpg
町のあちこちにある出店では中世の武器や衣装、道具類などを購入する事が出来る。

そしてこのマーケットで、僕らは沢山の犬達を目にする。




c0198524_92043.jpg
子供も大人も意外にコスプレ(!?)している人が多いのに驚かされる。気分的には僕らが浴衣や着物を着るのと同じような感じなのだろうか?

写真は羊の皮をなめすのを実践している皮を扱う出店の様子。
羊の皮を水に浸しながらなめしていたので、近くはかなり羊臭い獣臭が充満していた。そんな匂いにはお構い無しに皆実演に釘付け。実演は妙味深かったが、Prestoが一緒だったら興奮間違い無しのキツい匂い(笑)。
c0198524_963688.jpg
牧羊系の犬を連れた叔母樣方。
ここでは確かランプを売っていたような記憶が。犬も一緒に興味深そうに商品を眺めているようで可笑しかった。
c0198524_985966.jpg
ここは子供騎士養成訓練の真っ最中。やっぱり男の子は剣に弓、女の子はお姫様系が大人気。子供用の衣装や木製の武器を扱う出店もかなり多かった。
個人的には子供達が楽しそうにチャンバラをしている方が、拳銃で撃ち合いごっこをしているよりも見ていて微笑ましいような気がする。
c0198524_9115565.jpg
もちろん武器や衣装の他のものも購入可。ここではとてもキレイな色の手作り石けんを、作り方実演をしながら売っていた。
c0198524_9132938.jpg
川沿いに設営された競技場(コロッセウム風)では馬に乗ったプロの騎士達(!)の手合いを見学可(別途入場料が必要)。
町中に轟く派手なアナウンスと、ドラマチックで下品なハリウッド風バックミュージックを延々と垂れ流しながら日に3回程の公演をしていた。それにしても凄い人!
c0198524_9223723.jpg
ドイツのお祭り定番のナッツの砂糖和えも中世風に販売していると何故か美味しそう。これはナッツを砂糖とシナモンパウダーで和えてあって結構美味しい。
c0198524_9244421.jpg
普段散歩している路地も、中世の衣装を見に纏った人々が行き交っていると、まるでタイプスリップでもしてしまったかのよう。
c0198524_9263145.jpg
お香を売る出店。
僕は以前にチュニジアに旅行してからというもの、この中近東風のお香がお気に入り。しかし匂いに敏感なTと一緒になってからはこのお香の趣味も禁止。この日も様々な匂いのお香や、キレイなお香を焚く器があったけど、勿論僕の懇願は受け入れられず泣く泣く写真に収めるのみに留まる。人間、つがいになるという事は色々な制約の上に成り立つものである(涙)。
c0198524_9384114.jpg
人混みの中で静かに挨拶を交わす犬達。
それにしてもこれだけの人混みと少なく無い数の犬達が居たわけだけど、一度も喧嘩をしたり興奮して吠えている犬を見る事はなかった。
c0198524_9405470.jpg
まるでモップのようなドレッドヘアーを身に纏ったこの犬はハンガリー原産の牧羊犬「プーリー」。むっちりしたお尻と縮れたドレッドヘアーが可愛い(笑)。
c0198524_9432333.jpg
普段あまり目にする事のない子豚の丸焼きを無言で見つめる少女達。
横浜の中華街では普通の子豚の丸焼きも、ドイツではあまり目にする事はない。久しぶりに見た串刺しの子豚の丸焼きは結構グロイ印象があった。


1時間半程町を見学して僕らは帰宅。

その後土曜の夜に打ち上げられる花火を見学する為にTの両親が20時過ぎに僕らのうちへとやって来る。
c0198524_932414.jpg
町役場のまえで繰り広げられる、中世風ロックコンサートの様子。
古楽というと取っ付きにくいイメージもあるが、このグループのような聴衆一体のステージだとまるでロックコンサートのようで、意外とその場に居た人たちは楽しんでいた模様。古楽の新しいアプローチの仕方を見たような気がした。
c0198524_9354748.jpg
今回はPrestoも同行。凄い人混みにPrestoが踏まれやしないかと心配だったが、元が細いので難なく人混みの間を縫うように歩く。やはりドイツではウィペットはは珍しいので多くの人に声をかけられた。
c0198524_9474978.jpg
中世風の串刺し肉を食べていると、近くを義母が最近気になっているアメリカンアキタ(秋田犬)が通りかかる。
すかさず飼い主に話しかける義母。確かに可愛くて毛並みもキレイだけど(顔はちょっとドラえもん風?)今まで犬を飼った事のない初心者にいきなり体重50kgはキツいのではというのが僕らの一致した意見。お義母さん、犬が欲しいのなら静かで飼い易いウィペットにしましょうね(爆)。
c0198524_9461857.jpg
色とりどりにライトアップされた町と音楽をバックに23時半過ぎに花火が打ち上げられる。
c0198524_9515266.jpg
低音の効いた盛大な花火の音にまたもパニクるPrestoをなだめつつ、僕らはドイツにしては盛大な花火を堪能する。

久しぶりに見る大輪の花火、遠い日本を思い出しつつもやっぱり花火っていいもんだなぁと改めて実感。

この日は夜の3時過ぎまで町の至る所で大宴会が行われたようだけれども、僕らは揃って帰宅。久しぶりに見た本格的な花火と美味しい生ビールを飲んでほろ酔い加減だった僕は帰宅と共にベッドへ直行。中々濃くも楽しい1日だった。
by presto-presto | 2009-06-22 09:58
<< 爆走解禁。 中世時代祭り・我が家から望む行列編。 >>



-僕とパートナー・Tと共にドイツで暮らすウィペット・プレストとの日常の記録。                 Presto:2008年9月18日生まれの♂のWhippet。           
by presto-presto
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30