草の香りに包まれて。
c0198524_7444138.jpg
6月はまるで日本の梅雨の如く毎日シトシトと雨が降り続け、気温も上がらず、今年は夏が来ませんねなんてニュースでも言っていたのに、先週末からドイツには何の前触れも無くいきなり本格的な夏がやってきた。

只歩いているだけでも汗がダラダラ、肌はベタベタ。本来カラッとしているのが売り(?)のヨーロッパの夏の筈なのに、今日などはここはアジアですか?という程の湿気っぷり。
そうなるとPrestoも散歩開始から5分も経たずに舌が出始め、ハァハァハァと蒸気機関犬に変身。いつもの原っぱでフリスビーなどを投げようものなら、ほんの2〜3投で写真のように舌は全開&顔は引きつりシワシワになってしまう。



c0198524_7543813.jpg
そうなると徐にPrestoは写真のように"ゴロン"と行き倒れハァハァする。そして激しくゴロゴロとその辺を転がり回る。ちなみにその際最適なのは、短く刈られた芝よりも、長く伸びた朝露を含んだ「日陰の」草の方が好ましいらしい。
c0198524_801156.jpg
そうして体の余熱を草でクールダウンさせ一息つくと、コレでもかというほど長く出ていた舌も収納され、写真のように普通のハァハァ舌だし状態となる。
c0198524_82888.jpg
気温が上がり始めた5月の頃僕らは、Prestoが匂い付けの為に草の上を転がり回っているのかと思っていた(同時にそこに何か"臭い"物体があるのではないかという心配もあった)。

しかし気温が上昇するにつれ、Prestoの行動をよくよく観察していると、ゴロンと倒れ転がり回る行為は彼なりのクールダウンの方法だという事に気がついた。
c0198524_88577.jpg
ちなみに「匂い付け」の時は写真のように首筋を地面に擦り付けるようにする。

どちらにしてもこの季節、草の上を転がり回り首筋に草の匂いをすりつけるPrestoは、家のソファーでスースー平和な寝顔で寝ている時もホワ〜ンと気持ちの良い夏の草原の匂いに包まれている。
by presto-presto | 2009-07-02 08:20
<< ダメダメな日。 初夏の城。 >>



-僕とパートナー・Tと共にドイツで暮らすウィペット・プレストとの日常の記録。                 Presto:2008年9月18日生まれの♂のWhippet。           
by presto-presto
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31