川沿いの散歩道。
c0198524_822965.jpg
本当に久しぶりだった金曜日の森散歩。山を下りた折り返し地点からは、川沿いの舗装された平坦な散歩道をTの実家へと向かい歩くことに。



c0198524_87386.jpg
国道を渡りしばらく行くと、国道と平行して流れる川向こうの遊歩道へと渡れる橋に到着する。
c0198524_893154.jpg
流れはそれ程早くなく、深さも深いところで大人の腰程しかないこの川。実はこの日のメインは、久しぶりの山歩きとこの川での水遊び。しかし残念ながら水遊びの計画は叶わなかった。
c0198524_8111168.jpg
舗装された歩き易い散歩道の脇には並木が植えられていて、右側にはそそり立つような杉の森の気持ちの良い散歩道。週末には多くの散歩をする人で賑わう。この日もサイクリングを楽しむ人やローラーブレードを楽しむ人、ジョギングをする人々などとすれ違う。
c0198524_8145771.jpg
しばらく散歩道を進むと、この写真のように一気に視界が開けた広々とした場所に到着。
僕らは散歩道をブラブラと、Prestoは草原をウサギのように跳ねながら進む。
c0198524_8161927.jpg
勿論爆走出来る広い場所となればPrestoが黙っている訳は無く「さぁフリスビー投げて!早く!早く!」と僕らの前に来て催促をする。
c0198524_8175322.jpg
森の手前の草原でフリスビーをキャッチするPresto。

何だかこの写真だとフリスビーをキャッチする犬というよりは、二足歩行をする謎の人型生物のように見えなくもない(笑)。
c0198524_824427.jpg
暑さでバテてくれば川でクールダウン。Prestoにとっては最高のロケーション。
c0198524_8252638.jpg
乾いたアスファルトに濡れた足で肉球スタンプを押しながら歩くPresto 。しかしウィペットの足って本当に他の犬に比べるとコンパクトだと思う。
c0198524_827524.jpg
クールダウンが済めばまたフリスビー。とにかく暑ささえ凌げれば本当にエンドレスで遊びたいPresto。
c0198524_8281454.jpg
写真のように元気にランバダも披露してくれたり(ランバダというよりはドリフ?笑)して、投げるTも撮る僕も楽しませてくれるPresto。
c0198524_8294586.jpg
そして折り返し散歩のメイン、Tのオススメ水遊び地点(子供の頃によくココで家族揃って水遊びををしたらしい)に到着。しかしPresto、何故か水に入らない。

というのも予想外にココは川が深く(Tの腿ぐらいの水深。コレにはTも驚いていた)Prestoはビビって入らない。丁度Prestoを水へと誘うオモチャ類は先日なくしてしまったので(ちなみに無くしたオモチャは既に注文済み。あぁまた出費。涙)石を投げてPrestoを誘導するが効果無し。Tの一人濡れ損となってしまった。
c0198524_835189.jpg
c0198524_8354249.jpg
c0198524_836827.jpg
水は未だに少々ビビりだけれど、陸上では絶好調のPresto。この日も沢山爆走しまくっていた。
c0198524_8413859.jpg
Prestoがようやくバテた頃、僕らは村の入り口に当たる水門に辿り着く。水門では水の流れがゆっくりとなっているのか川面が鏡のように村の様子を写し込んでいてとてもキレイだった。
c0198524_844141.jpg
村の入り口には農業機器が並ぶ納屋が。ドイツのトラクターの色は赤。赤いトラクターは世界共通?
c0198524_8452795.jpg
村の中心の教会のある広場に到着。実はこのTの実家のある村。頻繁に訪れてはいたもののじっくりと歩いたのはこの日が初めて。今まで見た事無い村の様子がとても新鮮だった。
c0198524_8474745.jpg
自転車の後ろからガンを飛ばす巨大なネコ。このあと恐れを知らない村の巨大ネコは僕らに向かって来る。ネコには余り良い思い出の無いPrestoは尻尾を下げ気味に振りながら後退。懸命な判断です。
c0198524_8493854.jpg
村の観光名所である中世の城の脇を通ってTの実家へと向かう。ちなみにこのお城、週末には本当に沢山の観光客が訪れるこの辺では一番の観光名所。
c0198524_8512979.jpg
小高い山の中腹にあるTの実家へと向かう坂道から望む村の様子。本当に自然に囲まれたど田舎である。
c0198524_8525820.jpg
山道と川沿いの散歩を満喫僕らを迎えてくれたのは、写真の玄関前に置かれていたのネズミの死骸。Tの実家の飼い猫からのプレゼント。夜な夜なこのネコはのネズミを狩って玄関前に置くのが夏場の習慣になっているそう。しかしこんなのが玄関前に毎日置かれていたらちょっとイヤ。あ〜うちは犬で良かったねとすっかり犬派に転向したTと胸を撫で下ろす。

この後僕らはBBQの仕込み&サラダをつくりBBQ会場である義父の工場へと向かう。そこでたんまりとまた肉を食し、Prestoも骨を沢山貰い(お陰で次の日はうんちが固過ぎて、キバってキバってようやく出て来るという状態だった。汗&反省)我が家へと帰る。そして次の日僕らは久しぶりに寝坊をし二つ前の記事へと戻るのであった。
by presto-presto | 2009-08-10 09:00
<< ある日曜の午後の出来事。 久しぶりの森散歩。 >>



-僕とパートナー・Tと共にドイツで暮らすウィペット・プレストとの日常の記録。                 Presto:2008年9月18日生まれの♂のWhippet。           
by presto-presto
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30