浮き比べ -RUFFWEAR The Lunker™
c0198524_16203386.jpg
流され記事を書いたついでに、前回の記事で川に流された張本人(?)RUFFWEARのダミー・The Lunker™の紹介をしてみようと思う(写真はLunkerを取られまいと逃げ腰&ちょっとだけドーベルマン風のPresto。笑)。



c0198524_16281492.jpg
そもそもダミーとは何ぞや?と思う方もいるかもしれないが、ダミーとはもともとはGUNDOG(狩猟犬)のトレーニングに用いたもので、ダミーを獲物(おもに鴨)に見立て主に「ホールド」や「レトリーヴ」の訓練に使用するのが本来の用途。ダミーの多くは水に浮かぶものが多いので(すべてではない)水辺の遊びにも持ってこいのアイテム。
c0198524_16374252.jpg
RUFFWEAR社製のゴム製ダミー・Gourdo™と並べてみるとLunkerの方が若干長いのが解る(サイズはどちらもS)。投げる時に便利な紐の長さはLunkerの方が圧倒的に長くLankerは約34cm、Gourdo約15cmとかなりの長さの違いがある(Lankerの方が紐が長いため飛距離は出る)。

実際に陸上でこの二つのダミーを投げてみるとその特徴が異なる事に気付く。
Lankerは飛距離が出る分、着地の際大抵大きく一度バウンドするだけ。しかし全長が長いので見つけ易い模様。それに対してゴム製のGourdoはコングや同じくRUFFWEARのTurnUp™同様、着地後に何度かバウンドするので着地地点が定まらないという面白さはあるようである。
c0198524_1652857.jpg
Gourdoと大きく異なる点はこの紐の付け根部分。大きさを自在に変えられるこの「輪」の部分に簡単にロングリードのフックやカラビナを固定する事が出来る。
c0198524_165595.jpg
縫製も他のRUFFWEAR製品同様しっかりとしていて耐久性は高いように思う。
ちなみにこのLunker、同社のヒット商品・犬用ライフジャケット「Float Coat」の製造過程で出る切れ端や浮力材のあまりが使用されているそう(環境に優しいと謳いつつ要は余り物。アイディアとしては素晴らしいが、余り物という事を考慮に値段にも反映してくれると尚嬉しい)。
c0198524_172047.jpg
さて実際に水に浮かぶかどうか到着後早速試してみた所、コレがちゃんと浮くではないですか!しかも本体の約半分以上が水の上に浮かぶので視認性は抜群。
c0198524_1742883.jpg
そこで今日のお題「比較検証・RUFFWEAR社製投げ系オモチャの浮き比べ」。

写真は手前から「The Lunker(青)」「TurnUp(ピンク)」「Gourdo(オレンジ)」の順。
写真を見れば一目瞭然。Lunkerの浮きが一番良好。次がGourdo。しかしLunkerのように全体が浮かぶわけではなく、ひょうたん型のカーブの部分のみが浮く状態。そしてテニスボールと同等の浮きで殆どが水没してしまうのがTuenUp。

TuenUpはウィペットの口には少々大きいのと(陸上では問題無し)、水の中ではゴムが滑り易くなるのとで川遊びには一番向かないように思う(以前に滑ってキャッチ出来ずに川流れして無くしている。涙)。
c0198524_1719220.jpg
さて実際に屋外でこのLunkerを試してみることに。
まずはいつもの川にポーンと投げ入れてみると本体がかなりの割合で露出して浮いているのが解る。やはり浮き具合では断然このLankerが一番である。
c0198524_19315258.jpg
水にプカプカ浮いているLunkerをカプっとキャッチするPresto。

最近は水に対する抵抗はなくなったので(浅瀬限定)はじめは近くから、そして徐々に遠くへ投げるようにすると水の中という事も忘れて元気にバシャバシャと水の中を駆けていくPresto(勿論深みにハマればくわえたまま否応無く泳ぐ羽目に。笑)。

しかし先日のように調子に乗って遠くに投げると、飼い主自らびしょ濡れになって取りにいかなくては行けないので、投げる方向と距離には注意が必要(もしくは訓練用の長いリードを併用するのも手)。
c0198524_19371261.jpg
このLanker、勿論陸上でも十分楽しく遊ぶ事が出来る。Lanker自体がそこそこ重く、また長い紐のお陰でボールの遠投投げが苦手な女性でもコツさえ掴めばかなり遠くに投げる事が出来る。
c0198524_19411486.jpg
噛み心地が良いのか、このLankerをとても気に入っているPresto。一度口にすると中々返してくれないのが玉にキズ。写真のように意図せず引っ張りっこになる事もしばしば(笑)。
c0198524_19433968.jpg
他のトレーニングダミーは試してみた事がないものの、このLanker、水陸問わずに想像以上に遊びの場で大活躍なのに僕らは大満足。また殆どのダミーが大型犬を対象にした大きさや重さなのに対して、中型犬のウィペットにもピッタリの大きさと重さなのが嬉しい所。
水遊び初心犬にもピッタリのこのLunkerだが、最初はゴム製のGourdoで浅瀬で訓練してから、より遠くに投げられ浮いてる表面積の大きいLankerに乗り換えるのがオススメ(Gourdoはゴム製なので紐を引っ張るとスルッと口から抜ける)。


RUFFWEAR社のThe Lunker™、我が家の夏場の水遊びに欠かす事の出来ないオモチャである。
by presto-presto | 2009-08-22 20:02
<< 真夏の緊急避難場所。 流されて。 >>



-僕とパートナー・Tと共にドイツで暮らすウィペット・プレストとの日常の記録。                 Presto:2008年9月18日生まれの♂のWhippet。           
by presto-presto
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31