父さんの歌。
c0198524_2092657.jpg
♪父さんが 夜なべをして ぬいぐるみ 縫っていた〜♪



c0198524_20114256.jpg
土曜の朝の散歩を済ませ、キッチンでブランチの用意をした後ふとリンビングを覗いて見ると、Prestoがぬいぐるみに埋もれて寝ていた(この写真には一切ヤラセはございません。T談。笑)。

このぬいぐるみ達、昨晩僕が夜なべをして(嘘)仕事のとき以外はかけない眼鏡(老眼鏡ではない。爆)と肩掛けをかけながらソファーで一人チクチクと針と糸で修復したもの。
c0198524_20173794.jpg
ガイア(ハゲタカ)は丁度口の部分がほつれ中の綿が出ていたのを補修。
何だかブドゥー人形の口みたいになってしまったが強度は抜群のはず(汗)。
c0198524_20215339.jpg
クマのトムx2はそれぞれ足の付け根や腕の付け根がぱっくり割れて内臓露出。それをブラックジャックの如き見事な腕前で縫合。オペは無事終了(でも法外な報奨金は入って来ない。涙)。
c0198524_20244932.jpg
何故齢38の中年男が夜なべをしてまで愛犬のぬいぐるみを針と糸で補修しなければいけないのかというと、Tは今までに一度も針と糸を使った事が無いのが原因。

ドイツの学校システムには男女全員が受ける家庭科の授業は無く(選択は出来るらしい)、楽しかった調理実習や中々糸が針の穴を通らなくて苦労した裁縫の時間などを経験していないのだった(国際結婚の落とし穴。しくしく)。
c0198524_2033134.jpg
小学校の頃の家庭科の時間の成果が今になって報われるとは。ありがとう日本の学校教育。おかげで愛犬のぬいぐるみの補修もちゃんと一人で出来ています(こんな事サラサラ思っていないけど。爆)。

僕がキッチンに行っている間、補修されたお気に入りのぬいぐるみ達をチェックをしてそのまま寝てしまったPresto。おぉコレはシャッターチャンスとばかりにカシャカシャと写真を撮っていたらいつの間にやらお目覚め。

P「中々良い具合に修復されたぬいぐるみには感謝しています。でも今は僕の睡眠の邪魔をしないで下さい(怒)」

僕「らじゃー(汗)」

という会話は勿論交わされてはいない・・・。
c0198524_20442986.jpg
こんな理由から我が家で流れるのは「父さんの歌」。

夜なべをして手袋を編んでくれるのは母さんではなくて父さん(これが悲しい現実なのさ。しくしく)。
コレからどんどん長くなる夜。いっそPrestoのために本当にセーターでも編んでみようかとも考えてしまう(無い無い。爆)。
by presto-presto | 2009-09-12 20:53
<< 代り映えのしない日曜日。 大地の色。 >>



-僕とパートナー・Tと共にドイツで暮らすウィペット・プレストとの日常の記録。                 Presto:2008年9月18日生まれの♂のWhippet。           
by presto-presto
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31