憂鬱な雨の日でも。
c0198524_1631120.jpg
シトシトシトシトシトシトシトシトシトシトシトと飽きる事なく連日降り続く雨。

雨が降っているからといって散歩に行くのが億劫になるのは人間様の都合。

雨が降ろうが雪が降ろうが嵐だろうが、いつでも散歩に行く気マンマンの我が屋のワンコにその日の天候など関係ない。





犬を飼っている最大の楽しみとは愛犬と一緒に行く毎日の散歩ではないだろうか。
季節の移り変わりを目で感じる道端の木々の変化。嬉しそうに尻尾を振りながら匂いを嗅ぐ愛犬。そして日に日に変わる空気の匂い。
とはいうものの、土砂降りの雨だったり、真冬の極寒は飼い主の散歩に行く気を削ぐ重大な要因。

というわけで我が家では悪天候でも快適に散歩に行く事が出来るようアウトドアグッズに力を入れている。
c0198524_16382753.jpg
写真は生憎の雨となった春の小旅行のトレッキングでの写真。

折角の本格的トレッキングに出かけたにも拘らず、大雨だったこの旅行。
用意万全のTは雨を弾くゴアテックスのジャケット持参だったのでが、僕は完全な晴天仕様の用意しかしていなかった。

さすがにずぶ濡れでトッレキングをするのは無謀だし、傘さして両手が塞がった状態でのトレッキングも極めて危険。という事で急遽旅先のスポーツ店で薄手でとても軽いレインコートを購入。これが今でもとても重宝している。

風を通さず蒸れない素材のこのレインコート。勿論それだけでも快適なのだが、単純な僕は撥水性の生地に出来る水玉を見ているだけで何となく嬉しい気分になってしまい(汗)それだけで憂鬱な雨の日の散歩も楽しくなってしまう。
c0198524_16582241.jpg
しかし昨日の雨の朝の散歩で気付いたのだが、濡れること自体は厭わないPrestoも、雨に塗れ体がしっとりして来ると、まるでシャンプーした後の用にスイッチが入ってしまい、ところ構わず爆走体勢に入り勢い良くリードを引っ張ってしまうのだ。

さすがに雨の日は僕らも町中散歩だけで、フリスビーやフリーラン(雨の日が続いた場合はノーリードでも大丈夫な散歩のコースを選ぶ)させる事は無いが、いつでも爆走体勢でリードを勢い良く引っ張られたり、いきなり方向転換させられては堪ったものではない。

というわけで最近は本格的にPrestoのレインコートの購入を検討している(雨の日でも人も犬も快適に)。悩むところはデザイン優先か機能優先か・・・これも飼い主にとっては購入前の楽しみであるに違いない(笑)。
by presto-presto | 2009-10-10 18:35
<< (僕にとって)大切な事。 お犬様の欲求。 >>



-僕とパートナー・Tと共にドイツで暮らすウィペット・プレストとの日常の記録。                 Presto:2008年9月18日生まれの♂のWhippet。           
by presto-presto
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31