Prestoと行くクリスマスマーケット〜州都編。
c0198524_17132618.jpg
小雨の降る生憎の天気だった日曜日の午後。僕らは州都で開かれているクリスマスマーケットへと出かける。



c0198524_17152773.jpg
同僚に仕事の用件で会う為に州都へ行く必要のあった日曜日。それではという事でTとPrestoも一緒にクリスマスマーケットの開かれている州都へと出かける。

僕らの住むBaden-Württemberg州の州都・Stuttgart(シュトゥットガルト)のクリスマスマーケットはドイツでも指折りの規模で有名。そして日曜日の午後という事で多くの観光客で会場は賑わう。

そんな人でごった返すマーケット会場を見て早速「はぁ〜」とため息をつくT(Tは人混みが大嫌い)。
c0198524_1727040.jpg
あまりの人混みに気が乗らないT。僕はたまたま人混みの中に見つけたワンコを指差し「ホラ、他にも沢山ワンコがいるし。Prestoも人混みの中でもきっと大丈夫だよ!」と訳のわからない声援(?)をTに送り、気の乗らないTとPrestoを引き連れてわしわしと会場へと向かう。
c0198524_17311776.jpg
クリスマスマーケットには様々な出店が出展している。
写真はドイツのお祭り(?)会場には欠かせない「甘いもの」を売るお店。ナッツの砂糖煎りやチョコ和え等々とにかく砂糖まみれの甘いお菓子を購入する事が出来る(個人的には日本のお祭りに欠かせない焼きそばやお好み焼きの方が嬉しい。笑)。
c0198524_1734482.jpg
c0198524_1734291.jpg
クリスマスマーケットのメインはやはりクリスマスグッズ。上の写真はクリスマスツリーの飾り専門店の様子。下の写真のお店では「松ぼっくり」をテーマとした飾りを扱っていた。
c0198524_17361415.jpg
市庁舎前の巨大クリスマスツリー。おそらく3階程の高さはある巨大なツリー。
ドイツに来て驚いたのはクリスマスツリーが「本物」の木を使っているという事。日本ではプラスティックのツリーが普通だっただけに本物のこんなに巨大な木をクリスマスの為だけに伐採するという事に来独した当初はとっても驚いた。
c0198524_17394838.jpg
c0198524_17401661.jpg
こちらもクリスマスマーケットには欠かせない「ロウソク屋」。大小様々の色とりどりなロウソクを扱っている。クリスマスプレゼントにも最適(笑)。
c0198524_17413975.jpg
クリスマスマーケットのあちこちで見かける楽器を演奏してお小遣いを稼ぐ小さな出稼ぎミュージシャン達。
決して上手というわけではないけれど、健気にクリスマスキャロルを演奏する子供達の姿が微笑ましい。
c0198524_17455475.jpg
クリスマスマーケットにはクリスマスグッズだけではなく日常用品を扱う店も多数出展している。鍋や掃除機、手袋屋さんに帽子屋さん、そして写真のような「肌着」屋さん。あえて下着ではなく肌着と呼びたくなる色とデザインが素晴らしい(謎)。
c0198524_17441230.jpg
Stuttgartのクリスマスマーケットの見所でもある屋台の屋根の上の飾り。ずらっ〜と立ち並ぶ屋台の屋根には様々な飾り付けが施されて、コレを見るだけでも楽しい。
c0198524_184450.jpg
旧東ドイツの山奥で作られるドイツの伝統的クリスマスのオモチャ・ピラミッド。台座に立てるロウソクの熱で天辺のプロペラが回り各階のクリスマスに関する人形達がくるくると回るという仕組み(説明が難しい・・・汗)。

そもそもこの地方の木こりや炭坑夫達が仕事の無い冬場の内職として作っていたこれらの木のオモチャを、クリスマスのニュルンベルグ(中世には流通の中として栄える)の市場に売りにいったのがクリスマスマーケットのはじまりといわれているらしい。
ということでこれらの木のオモチャはドイツのクリスマスシーズンには欠かせない(うちも一つ欲しいけれど中々踏ん切りがつかない←結構高価)。
c0198524_1842738.jpg
同じくクリスマスを代表する木のオモチャ「煙吐き人形(Räuchermännchen)」の数々。これはドイツの伝統的な職業をモチーフとした木の人形で、お腹にお香を入れて炊く事が出来、お香の煙が口から出て来てまるで人形達がパイプをふかしているように見える。このユラユラと揺れる煙が可愛くて僕はこの人形が大好き。
この他にもクリスマスには欠かせない木製の「くるみ割り人形」も沢山並んでいた。
c0198524_17481371.jpg
クリスマスマーケットの屋台だけではなく、ふと街の建物を見上げると様々な飾り付けがされているのに気がつく。写真はStuttgartで一番大きなオモチャ屋さんのバルコニーの飾り付け。オモチャ屋さんらしくとても可愛らしい。
c0198524_17501667.jpg
一度も足を踏み入れた事のないルイ・ヴィトンのお店もクリスマス風に。
c0198524_17514146.jpg
ワニのマークでお馴染みのラコステのショーウインドウもクリスマス仕様。
c0198524_17524351.jpg
年末のアメ横か正月初詣の明治神宮かというほどの人混みに辟易とするT。そしてそんな事お構い無しに写真撮影に専念する僕(生まれも育ちも東京の僕にはコレくらいの人混みは何て事はない。笑)。遂に人混みの中、神経をすり減らしながらPrestoを連れているTからクレームがつく(大汗)。
ということでこの先に行くのは諦め、クリスマスマーケットシーズンの週末には人通りの少ないメインストリートへと一旦退避。

それにしても写真のトランペットを吹くガキンチョお子様・・・うるさかった。
c0198524_17571213.jpg
クリスマスマーケット協賛の企業の数々。ドイツではお馴染みのそして日本でも知られている企業がチラホラと見受けられる。
c0198524_17583959.jpg
冬場に宮殿の横に設置されるスケートリング。ココだけはクリスマスマーケットが終わってもしばらく継続して営業。クリスマス後にもちょっとだけクリスマス気分を楽しむ事が出来る。
c0198524_18172354.jpg
人人人の人の海に飲み込まれそうになり前進を諦める僕達。中型犬とはいえ人混みの中では小型のウィペット。Prestoの足を踏まれたり蹴られたりされそう(勿論故意ではなく)になったので僕らは一時クリスマスマーケットから退散する事に。
c0198524_19433335.jpg
人混みを抜け出したPrestoはここぞとばかりに趣味(?)の匂い嗅ぎを満喫。街散歩(散歩とはいえないけれど。汗)はPrestoにとってもTにとってもストレスかも?(共通点は二人とも田舎育ち。笑)
c0198524_19462048.jpg
c0198524_19464472.jpg
c0198524_1947826.jpg
車に向かうがてら裏道の人混みの少ない通りを歩く僕達。
一枚目の写真の露天でクリスマスツリーと星のレリーフを購入(この日唯一のお買い上げ。笑)。2枚目の写真はチョコバナナやチョコイチゴを売る露店。そして3枚目は香辛料を売る露店。何故かこの香辛料屋さんもクリスマスマーケットには欠かせない。
c0198524_19492524.jpg
我が家にもぶら下げてあるクリスマススター。
これはドレスデンの南西に位置する町・Herrnhutという町で作られる星の照明で、旧東ドイツ(特にドレスデン)の大抵の教会や家の軒先に飾られているこれまた伝統的な飾り。
このコンペイ糖のようなギザギザカクカクした星が窓辺でほんのりと光るのを見るとドイツのクリスマスだなぁ〜と感じる。
c0198524_8425328.jpg
街路樹にカワイイ鳥の家がぶら下がっているなぁと眺めていると・・・
c0198524_8434715.jpg
街路樹の下には大小さまざまな鳥の家がまるでオブジェのように並んでいた。勿論これも売り物。最初はアートなのかなぁと思った程見ていて楽しい鳥の家屋(?)さんだった(笑)。
c0198524_8502719.jpg
雨も降って来た事だし、一通りクリスマスマーケットも見学したしという事で家路につく僕達(ホッとするTとPresto)。

帰宅後は義父とTの双子の弟が僕らの家を訪れる。賑やかな来訪に家中飛び跳ねて喜ぶPresto。人混みの中で大分ストレスが溜ったであろうPrestoにとって良いガス抜きとなる(笑)。
c0198524_853099.jpg
あ、そうそう、忘れてはならないのが日曜日の第2アドヴェント。朝食時に僕らも2本目のロウソクに火を灯す。
ロウソクに火が2つ灯ってアドヴェントもあっという間に折り返し地点。という事はクリスマスまで後2週間。時の経つのの何と早い事・・・。
by presto-presto | 2009-12-07 02:22
<< BLACK and RED 脱・裸族。 >>



-僕とパートナー・Tと共にドイツで暮らすウィペット・プレストとの日常の記録。                 Presto:2008年9月18日生まれの♂のWhippet。           
by presto-presto
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30