捨て辛いもの。
c0198524_10133853.jpg
自分のお気に入りのモノに愛着のある僕は、いままで長年愛用してきたものを処分するのが非常に苦手。その中でも特に靴は一番処分し辛い。



c0198524_10172748.jpg
c0198524_10165339.jpg
今回処分する事に決めたのは、Prestoが我が家にやって来てからほぼ毎日散歩に行く際に酷使して来たJack Wolfskinのトレッキングシューズと3年近く愛用して来たCAMPER(相変わらずの耐久性)。

CAMPERはドイツに来てからずっと僕の普段履きの靴としてきたお気に入りで、今回で4代目。履き心地抜群で、まるでオーダーメイドの靴のように(履いた事無いけれど。汗)僕の足にピッタリの安心の一足。Jack Wolfskinは履き心地の良いCAMPERに出会ってしまった為にほぼ新品同様でお蔵入りしていたものが、Prestoを迎えると同時にタフな散歩靴として再登場。

しかし残念ながら2足ともソールが壊滅的にすり減ってしまった為に処分する事に。
c0198524_10255130.jpg
真っ平らというよりはえぐれる程すり減ってしまったJack Wolfskinのソール。最近はソールがすり減っただけではなく亀裂まで入ってしまい浸水するように(まさに壊滅的)。特に今年に入ってからの雪上での散歩では、滑り易く濡れやすいという不快度100%の状況で散歩に行っていた。

しかしこのすり減ったソールを見ると「これが僕がPrestoと歩んで来た証なんだ」なんてちょっと感傷的になってしまい中々新しい靴を見つける事が出来なかったのが本音。それでもさすがに散歩に行く度にツルツル滑る不快度の高い靴では、折角の散歩もストレスの元に。
c0198524_10322961.jpg
そこで今回新調したのがKeenのTARGHEE Ⅱ MID。

昨年の夏に愛用していたKeenのサンダル・NEWPORTの履き心地がとっても良かったのと、ソールのグリップがとても良かったので今回迷わずKeenのトレッキングシューズを選択。勿論ネットでくまなくリサーチして、トレッキングに一番無難そうなTARGHEE Ⅱ MIDをネットショップに注文。
今回は試し履きすらせずに決めてしまったけれど、結果は良好(ドイツの場合、ネットで購入したものはすべて2週間以内なら返品可能)。いままでのすり減った靴とは比べ物にならない快適な靴に大満足。
c0198524_1039629.jpg
早速届いた靴を履いて雪上散歩に行ってみると、期待通りのグリップと快適な履き心地に思わず顔がほころんでしまった(笑)。
このTARGHEE Ⅱ MID、完全防水を謳っているだけはあり雪の散歩でも全然問題無し。またミドルカットなので小川位なら浸水無しに渡れそうな感じ。ワイルドな(田舎の)散歩の多い僕にとってピッタリの選択となった。

ちなみにこの靴が届いたと同時にTは僕の古い靴を破棄。「どうせ思い出がどーのこーのって捨てられないでこの靴も取っときたがるでしょう」と言いつつ踏ん切りのつかない僕の代わりに思い出の沢山詰まった靴達を葬ってくれた(涙)。
ちなみにTの家族。モノにたいする愛着や思い出というものは無いらしく、使わなくなったものや壊れてしまったものは即廃棄。確かにそのおかげで家には余分なものは無いけれど、愛着のあるモノに対して特別な感情(?)を抱いてしまう感傷的な僕にとって、使わなくなったとはいえいままで愛用して来たものが即破棄される度に少々寂しい感じがしてしまうのだった。
by presto-presto | 2010-01-15 10:57
<< 久しぶりの青空散歩。 まっ白。 >>



-僕とパートナー・Tと共にドイツで暮らすウィペット・プレストとの日常の記録。                 Presto:2008年9月18日生まれの♂のWhippet。           
by presto-presto
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30