背中で語る奴。
c0198524_16221893.jpg
ガラス戸から朝の町の様子を伺うPresto。その背中は早く散歩に行きたいと無言で主張する。



c0198524_1634316.jpg
朝の定例散歩の前にふと思いたち、窓辺のヒヤシンスを撮影しようと試みる。逆光の悪環境下であ〜でもないこ〜でもないと設定を変え露出を変え悪戦苦闘。
c0198524_16365499.jpg
中々散歩に行く素振りを見せない僕をチラチラっと観察するPresto。すでにPrestoの背中が「散歩に行きたいんですけど」と語りはじめてからかなりの時間が経つ。
c0198524_16395335.jpg
それでも写真を撮り続けていると、Presto遂に実力行使。いきなり撮影している僕の横に立ちはだかる。
c0198524_1641917.jpg
うわっ、何、その赤裸様に嫌そうな表情はっ!
c0198524_1642407.jpg
しかも次の瞬間には諦めの表情だし・・・(汗)。
c0198524_16443056.jpg
おぉ遂に座り込みか。相変わらず目つき悪いし(それでも撮影を続ける僕。汗)。
c0198524_16453235.jpg
そして「ふぅー」と嫌みな程に深いため息をつく。この人間っぽいため息、一体何処で覚えたのかいつも絶妙なタイミングで出てくる。
c0198524_165076.jpg
それでもPrestoを無視して撮影を続けていると、でたっ最後の必殺技「立ち尽くし」。ドアの前で彫像の如く微動だにせずに背中で主張するPresto。それでも僕が動く気配がないと遂にはキュンキュンと鳴きはじめる。こうなるとさすがに僕も動かない訳にはいかない。

ハイハイ、それじゃぁ朝の散歩に行きましょうね。ゴメンね、長らく待たせてしまって(飼い犬に操られる飼い主。汗)。
by presto-presto | 2010-01-30 17:03
<< あおぞら。 雪が降っても。 >>



-僕とパートナー・Tと共にドイツで暮らすウィペット・プレストとの日常の記録。                 Presto:2008年9月18日生まれの♂のWhippet。           
by presto-presto
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30