ラッセル車の如く。
c0198524_11343944.jpg
Prestoの足が完全に埋まってしまう程の深さの雪の中、フリスビー目指して果敢にもラッセル車の如く雪を掻き分け進む。



c0198524_1136568.jpg
寒波の影響で4〜5日間ずっと降り続いた雪がようやく止んだ日曜日の午後。僕らは隣町の外れの森目指して車を進める。
c0198524_1138429.jpg
僕らの住む町にはそれ程雪は積もらなかったものの、この日の目的地である森は予想外の積雪量。普段は森の入り口まで車で行くものの、あまりの積雪量に僕らは道半ばで下車。深い雪の積もる林道をズボズボと進む事に。
c0198524_11421584.jpg
あまりの雪の深さに僕らは森に行く事を断念。森の手前の普段は原っぱな場所でフリスビーを始める。
c0198524_11442193.jpg
c0198524_11443945.jpg
c0198524_1145254.jpg
胸までズブズブと埋まってしまう程の深い雪の中を、ウサギのように飛び跳ねながらフリスビーを追うPresto。そのフリスビーにかける情熱に本当に感心してしまう。
c0198524_11471060.jpg
c0198524_11473183.jpg
c0198524_1147503.jpg
ご覧のように雪まみれになろうが一向にお構い無し。深い雪の中を跳ねながら爆走するのはかなりの運動量だと思うのに、疲れる事なく次々とフリスビーを追いかける。
c0198524_11494191.jpg
c0198524_11495949.jpg
c0198524_1150261.jpg
まさにラッセル車の如く両脇に雪を吹き上げながら爆走するPresto。それにしても本当に見ていて気持ち良い程豪快に雪の中を爆走してくれる(笑)。
c0198524_11543736.jpg
こうして僕らはかなりの積雪の中でもフリスビーが出来る事を確認。Prestoもいつもにも増して楽しそうだった。

この最高のコンディションだった雪も、水曜日に一日中降り続いた雨の所為でガリガリの氷原へとなってしまった(残念)。
by presto-presto | 2010-02-05 03:59
<< 2月の午後の日だまりの中で。 至福の表情。 >>



-僕とパートナー・Tと共にドイツで暮らすウィペット・プレストとの日常の記録。                 Presto:2008年9月18日生まれの♂のWhippet。           
by presto-presto
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31