ごろごろ。
c0198524_9131196.jpg
久しぶりに雪の間から顔を出した柔らかな大地の上でごろごろごろごろ。



c0198524_9151012.jpg
時折雪がパラついたり、太陽が顔を覗かせた土曜の午後の散歩。つい数日前まではPrestoのお腹あたりまで積もっていた雪も、金曜日に一日中降り続いた雨のおかげで地面の表面を覆う程度にまで溶けてしまった。
c0198524_918638.jpg
まだシャーベット状の雪の上を楽しそうに闊歩するPresto。

今日の散歩の途中で出会った走り友達は、お互い今日が初対面の6才になるポデンコとコリーのミックス犬チャーリー(残念ながら写真は無し)。サイトハウンドの血が半分流れるチャーリー、普通の犬よりは良い走りをしていたものの、俊足のウィペットには残念ながら勝ち目は無かった(笑)。
c0198524_9251492.jpg
チャーリーとのしばしの爆走を楽しんだ後は久しぶりのボール遊び。実はココ数日、氷で切ってしまった右前脚の肉球を休ませる目的でフリスビー謹慎中だったPresto。今日は久しぶりにRuffwearのターンアップとゴードを使用。空中キャッチや急制動が無い分、この良く弾むオモチャはフリスビーよりも切れた肉球に優しい。
c0198524_9305366.jpg
久しぶりに雪から顔を覗かせたフカフカの草原の上で、匂い付けとごろごろに励むPresto。無臭の雪よりも、色々な匂いがする大地の方が好みのようで、今日はいつも以上に大興奮。勿論至る所でゴロゴロしたために全身泥だらけに。帰宅後は有無を言わさずにシャワーへ直行便(笑)。
c0198524_9393493.jpg
Prestoの大好きな雪のシーズンが終わってしまうのは少々残念だけど、やはり徐々に春に向かう季節の移り変わりを肌で感じるのは嬉しいもの。そして久しぶりに踏みしめた大地はまるでスポンジのように柔らかで「おぉ高級絨毯みたい」と月並み(?)な感想を抱いてしまった。

本格的な春にはまだまだ程遠いし、春の足音すら未だに聞こえては来ないけれど、久しぶりに太陽と大地の感触を楽しめた気持ちの良い散歩となった。
by presto-presto | 2010-02-21 09:57
<< 薔薇の月曜日(バルコニーから眺... 解放。 >>



-僕とパートナー・Tと共にドイツで暮らすウィペット・プレストとの日常の記録。                 Presto:2008年9月18日生まれの♂のWhippet。           
by presto-presto
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30