薔薇の月曜日(バルコニーから眺めるカーニバルの様子)。
c0198524_1013517.jpg
コンピューターが絶不調だった今日から丁度一週間前の月曜日。この日は薔薇の月曜日(Rosenmontag) と呼ばれる特別な日で、ドイツ各地で謝肉祭(カーニバル)の行列が催され、僕たちの住む町でも郷土色豊かな仮装行列が行われた。



c0198524_1063732.jpg
年明けからずっと鬱々と暗い日が続いた今年の南西ドイツ。この日は久しぶりに気持ち良く晴れ上がった。そういえばこの日を境に晴れ間が増え、段々と厳しい冬がなりを潜めていったような気がする。
c0198524_10103390.jpg
久しぶりに射し込む午後の暖かな日だまりの中でウトウトするPresto。
c0198524_10112637.jpg
するとドコドコドコドコと遠くから激しい太鼓の音が聞こえて来て、ウトウトしていたPrestoも何事かと外の様子に注意を払う。
c0198524_10133318.jpg
c0198524_10173739.jpg
c0198524_10182488.jpg
きっと日本人がカーニバルと聞いて頭に思い浮かぶのは、ビキニなナイスバディーのお姉さんがブルブルと踊りまくるリオのカーニバルの情景じゃないだろうか。それに対してドイツのカーニバルというのは、やはり実直な国民性が反映されているのか、リオのカーニバル程派手でも激しくもセクシーでもなく、実に見ていて微笑ましい(?)ソフトなカーニバルが主流。
c0198524_10224637.jpg
c0198524_10254317.jpg
c0198524_10245543.jpg
c0198524_10285036.jpg
c0198524_10231734.jpg
僕らの住む黒い森(Schwarzwald/Blackforest)地方はドイツの中でも特殊なカーニバルが行われるのが有名で、カーニバルのメインは「魔女」と「愚か者」。非常に郷土色の強い、そして古くからその町や村に受け継がれて来た魔女や愚か者、そして森の動物達を模したマスクを着け練り歩くのが習慣になっている。
特に「愚か者」は体中にカラフルな布切れを縫い付けると共に、全身に鈴(多分これは以前は牛のいわゆるカウベルを流用していたと思われる)を身に纏い、お決まりの音楽に合わせて独特なステップで跳ねながら行進するのが特徴(跳ねる度に鈴がシャンシャン、ガラガラ鳴る)。
c0198524_1038565.jpg
c0198524_1035996.jpg
勿論イタズラ好きでイジワル(?)な魔女達は、ただ行進するわけは無く、道端の観衆にイタズラをしたり驚かせたりするのがお決まり(笑)。
c0198524_10394290.jpg
c0198524_1040952.jpg
道端の観衆は時に魔女にさらわれ檻の中に幽閉されたり・・・
c0198524_10415456.jpg
c0198524_1042278.jpg
魔女に拉致され、魔女の小屋の中でキツ〜いシュナップスを振る舞われたりする(笑)。
c0198524_10435654.jpg
c0198524_10442842.jpg
一方、ドイツ最大の規模を誇るカーニバルの聖地(?)であるルール工業地帯(ケルンやデュセルドルフ)では、この写真のように文明化された(?)当時のコスチュームに身に纏ったお役人様方が飴やチョコを振る舞ったりするのがメインで、僕らの住む地方のカーニバルとは大いにそのスタイルが異なる(その年の政治や世相を風刺した大きな山車が出るのもルール工業地帯のカーニバルの特徴)。
c0198524_1048855.jpg
これは多分、企業かスポーツクラブの一団。勿論伝統的な仮装ではなく、ドイツでは普通でモダンな仮装でパレードに参加(わが町の消防団はスリラーをバックにマイケルジャクソンの仮装をしながらムーンウォークしていた。笑)。このグループは皆女装している模様だけど、どれが男性で女性なのか見分けるのが非常に難しい(ドイツには結構ガッチリした女性が多い。汗)。
c0198524_1053879.jpg
2時間超のパレードが終わると、道端の観衆達もパレードの後に続き薔薇の月曜日のカーニバルも終了。灰の水曜日を境に、敬虔なクリスチャンは復活祭まで肉抜きの時期に突入するという(勿論我が家ではその風習はない)。
c0198524_10563726.jpg
最後にお隣さんのネコの写真。昨年は鼓笛隊の太鼓の音にビビって震えていたPrestoも、今年は前々問題無し。パレードの間中寝室の自分のベッドへ退避してグッスリ眠っていた。

飲めや喰えやのカーニバルが終わり、春の訪れを告げる復活祭まで町はひっそりと静まり返る(予定)。
by presto-presto | 2010-02-23 10:59
<< ポカポカ、うとうと。 ごろごろ。 >>



-僕とパートナー・Tと共にドイツで暮らすウィペット・プレストとの日常の記録。                 Presto:2008年9月18日生まれの♂のWhippet。           
by presto-presto
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Link
最新の記事
心境の変化。
at 2014-05-31 14:42
雲の上のような。
at 2014-05-22 16:08
哀愁漂うオヤジな背中。
at 2014-05-15 16:17
菜の花畑を堪能するノンビリ散歩。
at 2014-05-09 08:00
Prestoの憂鬱、僕たちの..
at 2014-05-07 16:38
春爛漫。
at 2014-05-07 16:10
「あ」っと言う間の。
at 2014-05-07 15:51
以前の記事
2014年 05月
2014年 01月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
検索
人気ジャンル