いざ日本へ。
c0198524_2145723.jpg
4月7日(木)僕は8年振りとなる日本へ向けて一人飛び立つ。



c0198524_21492736.jpg
最近は年の功(?)で旅行(出張)慣れして来たのか、フライト前日には荷物のパッキングで徹夜する事も緊張や興奮で眠れないという事も無く定時に睡眠。フライト当日もバタバタと慌てる事なく予定通りに家を出発して、コレまた予定通りに余裕を持って空港に到着。 
c0198524_6161564.jpg
空港到着後はスムースにチェックイン。預け入れの荷物をカウンターで預けチケットを貰いTとPrestoのところへと戻る。

今回の帰国で利用したのはSASスカンジナビア航空。Stuttgartを飛び立った後(とっても狭い飛行機に驚き!)はこれまた初めて訪れる北欧デンマークのコペンハーゲンでトランジット。時差の関係で次の日になる日本到着まで遅れる事もなく予定通りのフライトだった。
c0198524_6221922.jpg
搭乗まで時間があったので、滑走路を眺める事の出来るレストランでエスプレッソをいただく。さすがというか何というか、このエスプレッソ、今まで飲んだエスプレッソの中での最高値(価格)を記録。でも味は本格イタリアンエスプレッソには程遠い典型的ドイツ風エスプレッソだったのが残念(エスプレッソの味にはこだわりのある僕達。笑)。

写真は僕らの座るテーブルの下のPresto。何故か僕らが選んだ席には既に犬用水飲みボールが用意されていた。
c0198524_6263168.jpg
エスプレッソを飲みながらしばしの間、Tとしんみり(TともPrestoともこんなに長期間離れるのははじめて)とした後は、Prestoとおわかれ(?)の記念撮影。
この時点では、まさかアイスランドの火山の噴火の影響で予定よりも5日も長く日本で足止めを喰らうとは微塵も思っていなかったので、お互いに「いってきます!楽しんで来てね!」と軽い挨拶を交わし、足取りも軽やかに僕はセキュリティーゲートへと向かったのだった。
c0198524_6373250.jpg
こうして僕はTとPrestoをドイツに残し、とても楽しく印象深い帰国となった日本に8年振りに10日+5日滞在。そして人生初めての、このブログを通して知り合った方々との緊張(?)のオフ会を経験するのだった。
by presto-presto | 2010-04-07 21:44
<< 飛ばない飛行機、遠い家。 2010年の復活祭の過ごし方。 >>



-僕とパートナー・Tと共にドイツで暮らすウィペット・プレストとの日常の記録。                 Presto:2008年9月18日生まれの♂のWhippet。           
by presto-presto
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31