春爛漫・日曜午後ののんびり散歩(1)。
c0198524_16185420.jpg
まさに「春爛漫」と言うにふさわしい本当に最高の晴れ間の広がった日曜日。僕らはのんびりと久しぶりの気持ちの良い春の陽気を満喫する。



c0198524_1621211.jpg
5月18日の記事にようやく春が戻って来たと記した後も、シトシトと雨が降り、今ひとつ気温も上がりきらなかった日々が続いたココ南西ドイツ。それがPfingsten(ペンテコステ/精霊降臨祭)の今週末になって、ようやく待ちに待った本格的な春の陽気となる。
最近マンネリ化してきた散歩のコースの新たな開拓に勤しむ僕達。最高の天気の日曜日の午後は、Tが発見した(いつもの如くググールマップで)我が家から車で20分程の新天地へと出かける。
c0198524_16294985.jpg
まわりを今が旬の菜の花畑に囲まれた、なだらかな地形の続く散歩には持ってこいのポイント。Tの「湖もあるみたい」という正に夢のような(?)なロケーションに期待を膨らまして到着してみると、湖は実は池と呼んだ方が良い程度の規模の有料の釣り堀だった(残念)。

でも僕達の周りに広がる美しい風景に満足した僕達は、さっさと湖(実際には池だったけど)の事など忘れて散歩を楽しむ事に。 
c0198524_1637376.jpg
しばらくブラブラ歩いていると、黄色に染まる草原なのかからPrestoがヌッと僕らの方を見つめる。Prestoのこの熱い視線を僕らに注ぐサインの意味は・・・
c0198524_16344061.jpg
c0198524_16351963.jpg
c0198524_16355289.jpg
c0198524_1641481.jpg
勿論「フリスビー」。フリスビーをするには少々草丈が高過ぎるけど、そんな事お構い無しにウサギの如くピョンピョン飛び跳ねながらフリスビーを追いかける。
c0198524_1643486.jpg
ウォーミングアップ程度に軽くフリスビーをした僕達は、黄色い草原の後方へ広がる森へと向かう。
c0198524_1645108.jpg
Tが道端で見つけた棒切れを授与(?)されご機嫌で僕らの前を歩くPresto。泣いている子供に飴、Prestoに棒切れといった感じで、棒切れをPrestoに与えると、寄り道(クンクンとそこら辺を嗅ぎ回る)もせずに途端にお行儀良く(?)直進散歩するようになるのが不思議。
c0198524_1648445.jpg
新緑に溢れる、緑薫る森。森の日陰と木漏れ日と、時折肌を撫でるような優しい風がとても心地よかった。
c0198524_16494520.jpg
しばらくして森を抜けると、道は鉄道の線路沿いにいきなり急上昇。一体何処に続くのか分からないこの道を確認する為に、iPhoneで現在地を確認(いつも行き当たりばったりな僕達。汗)。どうやらこの上昇する一本道は隣町まで続くらしかったので、僕らは今来た道を引き返す事に。
c0198524_16571956.jpg
一度歩いた森も、進む方向を変えると新たな風景に。
c0198524_16592042.jpg
しばらくして森で出会ったブルーマールの美しいコリー種。この日、唯一遭遇したワンコ。
飼い主さんが「なんちゃらコリー(大汗)」と犬種名を教えてくれたにも関わらず、Tと一緒に失念(「馬の耳に念仏」状態。汗)。短毛で顔に明るい茶が入ったとても美しいブルーマールのコリーだった(T曰く「短毛じゃなくて刈り上げてるのかもね」との事)。
c0198524_1731826.jpg
森から見上げる青空とぽっかり浮かぶ白い雲。実に気分爽快。
c0198524_175231.jpg
片足上げてマーキング中のPresto。写真縮小してしまったので分かり辛いけれど、Prestoの顔、暑さで引きつって凶悪顔に(笑)。「本当、暑さで顔引きつると一気に顔、可愛くないよねー」と僕らは愛犬を自ら酷評する(爆)。
c0198524_1773948.jpg
森を抜け、先ほどフリスビーをした黄色い草原にたどり着くと、道端のお地蔵さんか狛犬(道端に狛犬は居ない)の如くちょこんと座り彫像と化すPresto。観光客よろしくそのまま写真撮影して通過しても良かったけれど(嘘)優しい僕達(?)は勿論Prestoの期待に答えるためにフリスビーを投げる。
c0198524_17134783.jpg
c0198524_1714229.jpg
c0198524_17172012.jpg
ウォーミングアップを兼ねた第1ラウンドよりも激しく(?)フリスビー。フリスビーをしているときのPrestoの目の真剣な事。普段うちのソファーの上でゴロゴロしているときとは大違い(笑)。
c0198524_1720873.jpg
緑の草原を黄色く染めているのはButterblume(バターの花。凄い直訳。バター花とはいえ、実際にはバターとは全然関係ないらしい)。日本語名は不明(汗)。これに咲き残りのタンポポが加勢して美しい黄色い草原を形成している。
c0198524_1722204.jpg
フリスビーを楽しんだ僕達は、一旦車の駐車してある場所まで戻り、気分一新、次なる散歩道へと進む(つづく)。
by presto-presto | 2010-05-24 17:25
<< 春爛漫・日曜午後ののんびり散... 日本滞在最終(予定)日だった午後。 >>



-僕とパートナー・Tと共にドイツで暮らすウィペット・プレストとの日常の記録。                 Presto:2008年9月18日生まれの♂のWhippet。           
by presto-presto
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31