Burg Hohenzollern -お城探訪。
c0198524_1840374.jpg
我が家からそれ程遠くない場所にある本格的(?)なお城・ホーエンツォーレルン城(Burg Hohenzollern)を両親と共に訪れる。




小高い丘の上にそびえるホーエンツォーレルン城。歴代の城主は旧東ドイツ領からポーランド北部までを治めたプロイセン王であるホーエンツォーレルン家。サイトハウンドを愛でた事でも有名なフリードリッヒ2世が王子時代にこの土地に立ち寄り(ここはプロイセン王の居城であるポツダムよりも遥かに南の飛び地的領土)この城を気に入り、今の形に修繕させたとの事(しかし完成は彼の死後)。

ちなみにこの家系は今でも途絶えていなく、現在も30才半ばの独身(←ココ重要らしい。お姫様(お嫁さん)募集中とは城のガイド談)の王子様(ベルリン在住)が当主としてこの城を管理している。
c0198524_2071961.jpg
小高い丘の上にそびえるお城だけあって、車は山の中腹までしか進入禁止。その後はシャトルバスか歩き(これが急斜面で中々キツい)。僕は両親と共にバスへ。そしてTはPrestoを連れて徒歩で城まで歩く事に。
c0198524_20153169.jpg
お城の入り口でチケットを購入する為に並んでいると、TとPrestoが到着。まずはお城の入り口で記念撮影(勿論犬だけではなく人間達も。笑)。

ちなみにこの日も天気予報では雨だったにもかかわらず、僕の晴れ男ぶりを発揮してか(?)城に到着する頃には青空が顔を出し、強い日差しが照りつける中々の天気となる(しかし吹き飛ぶ程の強風が吹き荒れ、寒かった)。
c0198524_2020398.jpg
c0198524_20244970.jpg
c0198524_2023924.jpg
c0198524_2021665.jpg
c0198524_20261835.jpg
ドイツを訪れる日本人観光客が一度は足を運ぶであろうバイエルンのノイ・シュワンシュタイン城(Schloss Neuschwanstein。ここはルードビッヒ2世の趣味で建てられた、本来の城としての機能を持たない居城)とは異なり、城としての攻撃と防御の機能と優雅さを兼ね備えたとても美しい城。

ドイツで古城を是非見てみたいと言っていた父も納得の見応えあるこのホーエンツォーレルン城。残念ながら交通の便がそれ程良くないので、ココを訪れる日本人観光客はそれ程多くはない。
c0198524_20374235.jpg
グルグルと回り込む城への道を登りきると、さすがに小山の上のお城だけあって素晴らしい眺めが僕らの眼前に広がる。

最近窓から外を眺めるという技を習得したPresto。この日もひょいっと城壁に前脚をかけ、外の風景を見ようと試みるも、残念ながら背が少々足りなかった(笑)。
c0198524_20412519.jpg
お城を見学する人々の少なくない人達が僕らと同じく犬を同伴していた。写真は前方に発見したビーグルのペアを凝視するPresto。ちなみに観光地では吠えられる事はあっても吠え返さない(といって決してビビっている訳ではない)Prestoは一緒に歩いてとてもラクチン。
c0198524_20472720.jpg
c0198524_2056642.jpg
c0198524_20575395.jpg
c0198524_2057112.jpg
城に併設されているチャペル。宗教が生活に密着し、戦争の大義にもなった時代のお城には必ず領主が祈りを捧げるチャペルが併設されている。面白かったのは、この城にはカトリックとプロテスタントの二つのチャペルがあった点。これはその時代時代の領主の信仰にあわせるため。

写真はプロテスタントチャペル。落ち着いた雰囲気の金をふんだんに使った装飾とステンドガラスが美しい。
c0198524_2151565.jpg
城の中で唯一犬の入場が許されていたカフェ&ショップの前のPresto。優雅な城内に優雅なシルエットのウィペット。中々悪くない(爆)。
c0198524_2193460.jpg
c0198524_2111353.jpg
c0198524_21103119.jpg
僕と両親はガイド付き城内見学へ(僕は同時通訳要員として同行)。そしてTとPrestoは小雨がぱらついて来たので、散歩を兼ねて下山。

2枚目の写真にあるように犬とカメラ撮影は禁止。そんなわけで城内の写真もPrestoの写真もこれにてこの日は終了。両親は豪華な装飾の城内を感心しつつ満喫。城内と宝物庫を見学した後は秘密の地下道(!)を通って城見学終了。

帰宅後はうちのそばのレストランで今が旬のホワイトアスパラガス(両親えらく気に入っていた)をいただく。勿論レストランでもTと両親の会話を橋渡しする同時通訳として酷使され、僕の頭はオーバーヒート気味にこの日も幕を閉じる(苦笑)。
by presto-presto | 2010-06-08 21:21
<< あぢぃぃ。 またね。 >>



-僕とパートナー・Tと共にドイツで暮らすウィペット・プレストとの日常の記録。                 Presto:2008年9月18日生まれの♂のWhippet。           
by presto-presto
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Link
最新の記事
心境の変化。
at 2014-05-31 14:42
雲の上のような。
at 2014-05-22 16:08
哀愁漂うオヤジな背中。
at 2014-05-15 16:17
菜の花畑を堪能するノンビリ散歩。
at 2014-05-09 08:00
Prestoの憂鬱、僕たちの..
at 2014-05-07 16:38
春爛漫。
at 2014-05-07 16:10
「あ」っと言う間の。
at 2014-05-07 15:51
以前の記事
2014年 05月
2014年 01月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
検索
人気ジャンル