爽やかな土曜の午後の普通の散歩。
c0198524_192343.jpg
突然の真夏のような暑さも一段落。先週の土曜日からは爽やかで過ごし易い気候が続いている。



c0198524_194384.jpg
4月の僕の日本への一時帰国、そして両親の来独とイベント続きだった我が家。ようやく生活ペースも普通に戻り、退屈な程何も無い普通の週末を僕らは過ごす。
c0198524_1964925.jpg
先週の川での水遊び中に肉球を切ってしまったらしいPresto(爪と肉球の境あたりを少々)。散歩に行けば普通に歩けるものの、寝起きには妙にぎこちないビッコをひくので先週末からフリスビーは禁止。基本的にフリーで散歩するのみにしている(ボール遊びも、川遊びも、爆走直線ダッシュもすべて禁止中。安静、安静)。
c0198524_1911148.jpg
c0198524_1913685.jpg
c0198524_19161571.jpg
c0198524_19145970.jpg
c0198524_19175620.jpg
c0198524_19183311.jpg
つい先日まで黄色に染まっていた大地は、いつの間にか麦穂のグリーンに覆われていた。もうすぐ収穫を迎えるであろう各種麦。スクスクと育ちはじめたトウモロコシ。爽やかな気候と穏やかな風に揺れる麦畑の麦穂を見るのがとても心地よい。
c0198524_19232781.jpg
いつもはすれ違うジョギングをする人にも散歩するワンコにも人にも出会わなかった本当に静かな土曜の午後の散歩。この日すれ違ったのは写真のサイクリングを楽しむ老夫婦のみ。とても静かで穏やかな散歩だった。
c0198524_19263758.jpg
野生のカモミールとPresto。日本では殆ど馴染みのなかったカモミール。ドイツでは昔からの民間療法として使用され、風邪をひいた時のお茶やオイル(お湯に混ぜてすっーと息を吸い込み息の通りを助ける)等々風邪をひき易い冬場には大変重宝する白い可憐な花。
c0198524_19302383.jpg
こんなのんびりとした光景を眺めつつTが「お父さん、お母さんって先週日本に帰ったんだよね〜」「何だかもう2〜3週間前の出来事みたい」としみじみと呟く。僕も「本当、何だかもっと昔の事みたいだよね」と答える。確かに先週まで我が家に滞在していた両親。しかしその気配はもう我が家には微塵も残ってはいない。
c0198524_19364167.jpg
c0198524_19354015.jpg
c0198524_1937435.jpg
僕らがしみじみと感傷に浸っているのなんてお構い無しにPresto、僕らの後ろの草原でゴソゴソ。どうやらお気に入りの匂いを見つけたらしくウンウン唸りながら一生懸命に首筋と体を草原に擦り付ける(いいんですよ、草や土の匂いをつけるなら。でも羊のウンコや牛糞堆肥なんかは絶対禁止です!)。
c0198524_19432213.jpg
散歩の終盤で珍しくPresto回収されリードを装着される。
c0198524_1946112.jpg
というのも前方で丁度ハチミツの収穫中。草原に並べられたハチ箱からフィルターのような蜂の巣(?)を取り出してハチミツを収穫していた。勿論その周りはハチがブンブンと飛び回る。

刺されないとはわかっていても、コレだけの量のハチが飛び交い顔や頭にぶつかって来る場所を通り抜けるのは冷や汗ものだった。またPrestoはハチを補食するのでこれも違う意味で結構冷や汗ものだった(←Prestoにとってはぱっくんぱっくんとハチ天国。苦笑)。
c0198524_1954387.jpg
こうして爽やかな土曜の午後の普通の散歩は幕を閉じる。

爆走&フリスビー謹慎中でエネルギーの有り余るPrestoは、帰宅後オモチャをブンブンと振り回して溜ったエネルギーとストレス(?)を発散していた。
by presto-presto | 2010-06-14 19:57
<< 嗚呼マダニ。 ある日の寝坊助犬の起床観察記録。 >>



-僕とパートナー・Tと共にドイツで暮らすウィペット・プレストとの日常の記録。                 Presto:2008年9月18日生まれの♂のWhippet。           
by presto-presto
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31