夏日の日曜日の過ごし方(1)。
c0198524_20325530.jpg
一日中とっても暑かった日曜日。朝は少々遅めの9時半に起床。そして日曜日定例の家族揃っての朝の散歩ヘと出かける。



c0198524_20362925.jpg
ブラブラといつもの川沿いの散歩道を歩く僕達。Prestoは家を出て数分で既にハァハァ。暑い。とにかく暑い。いつもながら急に真夏となってしまったドイツ。一体今年の夏はどれくらい続くのだろうか?(年によってはこの暑さが8月終わりまで続く事もあるし、7月はじめには暑さも弱まりそのまま冷夏なんて年もある)。
c0198524_20402523.jpg
c0198524_20405661.jpg
c0198524_20413814.jpg
まずはともあれフリスビー(笑)。川の対岸に唯一残ったフリスビーの出来る草原。ここで朝から思う存分元気にフリスビー。でもさすがにこの暑さだとPrestoもそれほど長くはフリスビーを続ける事は出来ない。
c0198524_20442897.jpg
暑くてタマならなくなると「Wasser!」(水という僕達のオリジナルコマンド。このコマンドにより川に入ったり水飲み場へと行く)のコマンドも無しに勝手に川に入水。この暑さだと足湯(?)だけでは済まずに丁度エジプトのスフィンクスのように伏せて座るアヌビス像(立ち耳だから尚更)のように川に浸かる。
c0198524_21388.jpg
c0198524_2171867.jpg
c0198524_2175856.jpg
バビューンと水しぶきを上げてロケットさながらに突進するPresto。そして目標物をGETしたら僕達の元へと戻って来る。
c0198524_21111141.jpg
水泳の基本「顔を水につける」も躊躇無くちゃんと出来るようになったPresto(笑)。
c0198524_21254081.jpg

c0198524_21131159.jpg
全身びしょ濡れになった後は、体を渇かす目的も兼ねて(短毛種の贅沢な悩み。濡れたままだと日陰でブルブルと震えてしまう)もう一ラウンドフリスビー。
c0198524_21195653.jpg
フリスビーを終えPrestoにリードをつけて撤収しようとすると、僕達のフリスビーを見ていたサイクリング中の母娘に「フリスビー上手ねー。あなたの犬、ウィペットの雑種でしょ?」と聞かれる僕達。「いえ、雑種じゃなくて正真正銘のブリーダーさんから譲り受けたウィペットです」というと「えええええええええ〜!!!!」っと大げさに驚く母娘。「耳がファラオハウンドみたいに立っているから雑種かと思ったわ!(でもまだ信じられないという感じ)」ととんでもないことを言われるPresto。
c0198524_2145983.jpg
最近何だか頻繁にポデンコだとか雑種(!)に間違われるPresto。確かに普通のウィペットよりガッチリしていて足が少々短くて立ち耳だけど、父犬はイギリス産ドイツ在住で昨年の種犬(?)ナンバーワン人気の"Courthill Christopher"(Prestoはとってもこの父犬に似ている)。ただ立ち耳だけというだけで雑種に間違われてしまうPresto。そんなにウィペット離れした容姿なんだろうか(←ちょっと心配)。

(つづく)


にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ
にほんブログ村
by presto-presto | 2010-06-28 21:59
<< 夏日の日曜日の過ごし方(2)。 黄色の季節から緑の季節へ。 >>



-僕とパートナー・Tと共にドイツで暮らすウィペット・プレストとの日常の記録。                 Presto:2008年9月18日生まれの♂のWhippet。           
by presto-presto
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30