プランBな誕生日。
c0198524_21162628.jpg
Prestoの2回目の誕生日だった先週の土曜日。前日(金曜日)に負った足の負傷の為に、午前中にTの両親を空港まで送り、その足で初コーシング挑戦というプランAは中止となり、プランBへと変更となる。




c0198524_21195877.jpg
急遽土曜日の朝変更となったプランB。まずは獣医に行きPrestoの足の検診。そして大事ではなかった事を確認してプランB発動(笑)。実はこのプランBは数日前からあたためられていた(?)プラン。我が家から車で1時間程のKarlsdorfという小さな町で行なわれたWCD(Whippet Club Deutschland)のウィペット限定のショーを見学する事に。
c0198524_2131131.jpg
WCDのウィペット限定というだけあって、とってもこじんまりとした、ある意味とてもアットホームな印象のショー。Prestoのブリーダーさんも所属している団体なので、もしかしたら久しぶりにブリーダーさんにも会えるかな?と期待をしていたけれど、残念ながら会う事は叶わず。ちなみにブリーダーさん宅、ここからそう遠くなかったので帰路によってみようと連絡するもつかまらず(残念)。羊飼いが職業のブリーダーさん。天気がとても良かったので犬達連れて(ウィペットの他に使役犬としてボーダーコリーが二匹いる)ヒツジの放牧に行っていたのかも(笑)。
c0198524_21323976.jpg
結構この日がショーデビューという感じのウィペットも多く、リングの外でこの写真のように興奮してしまうウィペットもいたりして微笑ましかった。
c0198524_2136487.jpg
リングの外で交わされるウィペット達の交流。仲良くチュッとハート型(笑)。
c0198524_2139314.jpg
こちらはもうちょっと激しく絡み合う団子型。あれれ、したになっているウィペット。あれはもしかして・・・
c0198524_21403582.jpg
おかしいなぁ〜Prestoは足下にいるのに、何だかとってもそっくり!と思って近づいてみると・・・
c0198524_21413451.jpg
去年の夏のサイトハウンドフェスティバルで出会った、Prestoの腹違いの妹(笑)のKiwi(キウイ)ちゃん!約一年振りの再会だけど、とっても美人さんに成長中。後ろ足をグーンと後ろに引っぱったショーポーズの立ち姿がとっても凛々しい。
c0198524_21444041.jpg
これは夏の休暇旅行で撮影したPresto。ステイのポージングを練習していないので、後ろ足の踏ん張り(?)が足らずカッコ悪いのがアレだけど、こうして2匹の写真を並べてみるととっても似ているのが良くわかる。二匹とも母犬は違うものの、父犬であるCourthill Christopherの容姿をとても良く受け継いでいる。
c0198524_2150778.jpg
グルグルグルとお互いの匂いを嗅いで名刺交換(?)をはじめる二匹。上から見るともうどっちがどっちなのかわからない程似ている(右と左、さぁどっちがPrestoでしょうか?笑)。
c0198524_21521151.jpg
おらぁ〜とばかりに兄のPrestoに腹を出して遊ぼと誘うKiwi。Presto同様、物怖じしない明るく遊び好きの性格。飼い主さんの話によるとフリスビーもバッチリとの事。この日は家でお留守番の同居犬のウィペットといつも元気一杯に走り回っているというKiwiちゃん。あぁ〜Prestoにも身近にこんなウィペットがいたらいいのになぁ〜とおもわず溜息。
c0198524_21543071.jpg
残念ながらショーの会場だったので一緒に走り回る事は出来なかったものの、二匹とも十分に再会を楽しむ。ちなみにこのKiwi。この日のショーでも3席に入賞。着々とショーをこなしスコアを徐々に伸ばしつつあるとの事。
c0198524_21541575.jpg
そしてこちらはKiwiちゃんの同胎犬達(ということはこの2匹もPrestoの腹違いの兄妹)。Kiwiを含むこの3匹はいつも揃ってブリーダーさん(母犬のオーナー)と共にショーに参加しているとの事。子犬を譲り受けてからも続くこうしたブリーダーさんとのアクティブで良い関係。とても理想的(羨)。
c0198524_2215051.jpg
c0198524_222789.jpg
ショーが終了した後のリングでは、子供や初心者対象のハンドリングのレッスン。いままで見てきた大規模なドッグショーとは異なる、本当にアットホームな感じのショーだった(このあと参加者は皆揃ってカフェタイムだったし。笑)。
c0198524_22232851.jpg
毛色のバリエーションが豊富なウィペット。あの色がいいね〜とかこっちの色の方が好みだとか言いながらショーを楽しむ。今回上の写真のような明るめのフォーンな子がキレイだねと僕達の意見が一致(ただこの色だと森で猟師に鹿と間違われて射たれないかが心配)。毛色のバリエーション豊富なウィペット。意外に理想の色を見つけ出すのは難しそう(僕はPrestoの毛色が理想だからもういいんだけど。←完全親バカ発言)。

このあと州都によって買い物と夕飯を食べていく予定だったけれど、僕の左腕と腰がとても痛み帰宅する事に。帰路は僕(痛み止め飲んだので)もPrestoも大爆睡。一人Tが奮闘して家まで運転する(実はとっても眠かったらしい)。

こうして幕を閉じたPrestoの2回目の誕生日。初コーシングは叶わなかったけれど、久しぶりに腹違いの妹に会えたり、他のウィペットと交流出来たりで、これはコレで悪くない誕生日の過ごし方だと思った。まぁPrestoにとってはきっと誕生日も普通の日も大差は無いのだろうけど(苦笑)。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ
にほんブログ村
by presto-presto | 2010-09-21 22:39
<< 電気ショックと刻まれた懐疑心。 100点満点の秋晴れの日曜日の... >>



-僕とパートナー・Tと共にドイツで暮らすウィペット・プレストとの日常の記録。                 Presto:2008年9月18日生まれの♂のWhippet。           
by presto-presto
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30