咳き込み眠れぬ夜と暴風雨のドレスデン。
c0198524_5483129.jpg
日曜日の夜、出張最後の仕事を終えた僕はTとPrestoと合流し、美しい古都ドレスデンで一泊する事に。




c0198524_555169.jpg
c0198524_5553995.jpg
丁度去年の今頃、やはり出張で訪れたドレスデンに先週の木曜日から土曜日まで滞在。今年は2005年に再建された聖母教会(Frauenkirche)を訪れる。
c0198524_625863.jpg
c0198524_632911.jpg
日曜日には場所を移動。ドレスデンから南西に位置するZwickau(ツウィカウ)という街のゴシックスタイルの教会Dom St.Marienを訪れる。ここで仕事終了後にTとPrestoと合流。同僚達にPrestoの初お披露目(笑)となる(愛想の良いPresto。中々の人気振りだった。笑)。
c0198524_6101872.jpg
同僚達と別れた僕たちはツウィカウからドレスデンにトンボ返り。ドレスデンの旧市街で夕食をとった後にホテルへと向かう。

実はツウィカウでPrestoにあった時から気になっていたのが『咳』。Tによると日曜日に出発する前あたりから「ケェークェー」といった咳をし始めたらしい。この時点ではちょっと興奮すると咳き込むという感じだったのだけれど、ホテルにつくと30分おきぐらいに咳き込むように。僕らが就寝したあとも咳は止まらず、ちょっと眠ったと思うと咳き込むという状態が朝まで続く(音に敏感なTは殆ど寝れず)。
c0198524_61659100.jpg
Prestoの咳で眠れなかったTに少しでも眠ってもらう為に、月曜日の朝、僕とPrestoはTを部屋に残して散歩に出かける。

ちなみに天気は最悪。木がゴーゴーと揺れる程の強風とビシビシと吹き付ける雨。そんな中、僕とPrestoは1時間で5km程の距離を散歩する。そして不思議な事にPrestoの咳は散歩中には全然出なかった。
c0198524_6215888.jpg
11時にホテルをチェックアウト。あまりの天気の悪さにこのまま観光せずに帰宅しようかと一瞬悩むものの、最初の予定通り街の中心地へと向かう。そして暴風雨の吹き荒れる中、思い出のドレスデンを観光する事に。
c0198524_6241794.jpg
c0198524_6244681.jpg
c0198524_6251237.jpg
c0198524_626098.jpg
Tと僕にとってドレスデンは、Prestoを迎える以前にクリスマスやシルベスター(年越し)を過ごした思い出の街。そして今回の出張に併せて久しぶりにTがドレスデンを訪れたいと言い、既に夏からホテルを予約していたのにこの最悪の天気。木曜日に到着した時には最高の秋晴れだったのに、天気は土曜日から崩れはじめ、月曜日には嵐のような天気となる(この雨の影響でこの一体では水害発生中)。

Prestoのリードを持つ手もカメラを構える手も寒さと雨でブルブル。久しぶりのドレスデン観光をこの街をはじめて訪れるPrestoと満喫する予定だったけれど、観光もそこそこに昼食へ行く事に(寒過ぎ!)。
c0198524_6344616.jpg
c0198524_655387.jpg
第二次世界大戦で奇跡的に破壊を免れた、ドレスデン城の有名な壁画「君主の行列」を横目にレストランへと向かう。この壁画、日本でも有名なドイツを代表する陶磁器・マイセンのタイルで作られていている。
c0198524_78066.jpg
c0198524_792488.jpg
昼食で訪れたのは僕達のドレスデン定番のヴェトナム料理レストラン『Annam Imperial』(Neumarkt 1 Dresden) 。実はTがドレスデンに今回来ようと思ったのはこのレストランの「フォ」を食べるのが目的(笑)。僕もTもフォが好きで、自宅では勿論、出先でもよく食べる。そしてこのAnnam Imperialのフォがいままで食べた中で一番美味しいというのが僕達の評価。 そんな訳でこの日もフォを注文。
c0198524_7221910.jpg
そしてこの日初挑戦だったのが前菜として注文した「寿司」(寿司とフォ。何たる注文の仕方!大汗)。ここドイツでも大人気の"Sushi"。日本人経営以外のレストランで寿司を注文すると、日本人にとっては「?」の寿司とは名ばかりの寿司もどきが出てくるのが普通だけど、ここの寿司は極普通の食べ慣れた日本の寿司だった。値段もお手頃、味もオッケー。次回はじっくりと寿司を堪能してみようと思う(Tが大好きな『たまごの握り』も美味しかったらしい。笑)。
c0198524_7331087.jpg
僕達が食事している間、ずっと外の様子を伺っていたPresto。散歩をしていると咳は出ないのに「伏せ」をすると咳き込むPresto。昼食をとっている間も僕達の会話はずっとPrestoの咳についてだった。
c0198524_7405118.jpg
c0198524_7413155.jpg
食事を終えた僕達は、この地方が特産の木製のクリスマス用品のお店を見学。そしてクリスマスには欠かせない、ドレスデン発祥のシュトレンを購入(シュトレンは持ちが良く、来年の復活祭の時期まで問題なく食べられる)。9月の終わりでもうクリスマス?気が早いのでは?と思うかもしれないけれど、毎年10〜11月は本当にあっという間に過ぎ去っていつの間にかクリスマスシーズン突入となる毎年なので、コレぐらいの時期からよ置いしておいても全然問題は無い(笑)。

そして我が家へ向けてレッツゴー。一路アウトバーンを南へ南へと進む。
c0198524_7471538.jpg
帰路もPrestoの咳は続き、遂には20分おきに咳き込むように。いつもは車の中ではぐっすり寝ているPresto。今回も寝ようと試みるも夜同様咳に邪魔をされて眠れず。収まる気配の全然ない咳がとっても心配になってきた僕達は、かかりつけの獣医さんに電話するもつながらず。急遽帰路の途中のバイロイト(夏のワーグナー音楽祭で有名)の獣医さんに駆け込み診察してもらう事に。

触診及び心音診察の結果、軽い喘息のような音が聞こえるとのこと。たぶん急に寒くなったので風邪ではないかとの診断を獣医さんは下す。そして咳止めシロップを処方される。もしこの咳止めシロップを投与しても良くならないようだったら、心臓か肺に疑いが出てくるので獣医さんに即行きレントゲンを撮るようにアドバイスを受け、駆け込んだ獣医さんを後にする。
c0198524_854296.jpg
秋晴れの美しいドレスデンを楽しむ予定が、最悪の天気の暴風雨に見舞われ、さらにPrestoの原因不明の咳と予想外に残念な展開となってしまった今回の小旅行。それでも暴風雨の中の散歩もそれなりに楽しめたし(超寒かったけれど)Tが食べたかったフォも満喫。ちょっと早いけれどクリスマスの準備も一応はじめたしとこれもまたのちのち良い思い出となる筈。

ちなみにいま現在(火曜日深夜)、このシロップが効いたのかPrestoの咳は収まりつつある(ホっ)。


にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ
にほんブログ村
by presto-presto | 2010-09-29 08:09
<< 犬服大活躍中。 Tからのe-mail。 >>



-僕とパートナー・Tと共にドイツで暮らすウィペット・プレストとの日常の記録。                 Presto:2008年9月18日生まれの♂のWhippet。           
by presto-presto
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30