秋晴れの陽光を全身に浴びながら。
c0198524_14485449.jpg
天気予報のとおりに朝からかっちりと秋晴れの一日となった日曜日の午後。ぽかぽかと気持ちの良い秋晴れの陽光を全身に浴びながら、定例のロング散歩ヘと出かける。




c0198524_1457090.jpg
最高気温も23℃以上にまで上昇した日曜日。Tの「今日は日陰の多い森じゃなくて、太陽を全身に浴びる事の出来るルートに散歩に行きたい」の要望に応え、隣町の未踏の新ルートへ出発。ここはいつも電車の車窓からぼーっと眺めていて、一度散歩に来てみたいと思っていた場所。
c0198524_151266.jpg
適当な場所に車を駐車して散歩開始。たまーに電車がゴーッと轟音をたてながら通過する意外は殆ど音のしないとても静かなこのルート。人通りも車の通りも殆どなく、犬連れ散歩には最高のロケーション。
c0198524_156146.jpg
今年はもう着る事も無いだろうと思い、タンスの奥深くにしまった短パンを引っぱりだしサンダルで散歩(笑)。ドイツに来た当初は暖かくなると季節に関係なく薄着になるドイツ人に驚いたものだけど、最近は自分自身もちょっと天気が良いとTシャツ一枚だったりするのに随分とこの土地に適応したものだなぁ〜と感心。日本とは違い、そもそも衣替えの習慣の無いドイツ。短パンを履いて出かけた次の日には、コートを羽織って出かけるなんてのも極普通(笑)。
c0198524_15111075.jpg
本当に久しぶりの燦々と照りつける太陽を体一杯に浴びて充電する二人と一匹。毎日の散歩も、愚図ついた天気(雨)の日よりも快晴の方がやはり楽しさ(&気持ち良さ)倍増。あ〜毎日こんな天気だったら気分も晴れ晴れするのに。
c0198524_15142874.jpg
はじめて歩くこのルート。陽光を全身に浴びながらの散歩には最高(木陰が殆どない)。しかも所々にフリスビーに最適な広〜い草地が点在していて、Prestoにとっては夢のような場所。
写真のように草地を見つける度にPrestoはフリスビーを期待して待機するも、只今フリスビー謹慎中の身のため残念ながらこの日はフリスビーもボール遊びも無し。フリスビー解禁まであと一週間。もう少しの辛抱。
c0198524_1522233.jpg
テケテケと僕らの前をご機嫌に歩くPresto。そんなPrestoを眺めつつ、太陽の光を充電+とりとめの無い話しをしながらブラブラと歩く僕とT。僕にとってはこれが一番のストレス解消法(笑)。
c0198524_15263033.jpg
気持ちの良い真っ青な空にはプロペラ飛行機やグライダーが静かに飛び交う。
c0198524_1525896.jpg
道端には白い可憐なカモミールの花。
c0198524_15273065.jpg
気楽におしゃべりしながらパカパカと乗馬を楽しむ人達。
c0198524_15282117.jpg
そして秋晴れの週末のサッカーの試合を楽しむ人々。
c0198524_15311182.jpg
それぞれが久しぶりの秋晴れの日曜日の午後を満喫。
c0198524_15324024.jpg
帰宅後はたぶんこれも今年最後になるであろうBBQ。でもさすがに日中は20℃越えたポカポカ陽気とはいえ、朝晩は冷え込むので、残念ながらバルコニーで肉を焼いてリビングで食事。付け合わせは自家製ポテトサラダ(僕たちの住む地方ではマヨネーズは使わない)。Tも僕もデザートの入る余地のない程満腹になる(笑)。

ちなみに最高の秋晴れの次の日の今朝は、バルコニーから向いの山が見えない程の濃い霧。町全体がすっぽりとまっ白に包まれている。
今週一杯この秋晴れは続くと天気予報では言っていたけれど、今朝のこの外の様子を見ると少々心配。まぁきっとこの霧が昼前に晴れれば青空が広がる筈と、あくまでポジティブシンキングで今日という日を乗り切るつもり(笑)。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ
にほんブログ村
by presto-presto | 2010-10-04 15:50
<< くんくん、ごろごろ。 秋晴れのバルコニー。 >>



-僕とパートナー・Tと共にドイツで暮らすウィペット・プレストとの日常の記録。                 Presto:2008年9月18日生まれの♂のWhippet。           
by presto-presto