目覚める狩猟犬の血。
c0198524_20214298.jpg
Presto、2才と2週間にして遂にウィペット本来の狩猟犬としての血が目覚める。




c0198524_18531738.jpg
最高の秋晴れ(たぶん今シーズン最後の)だった日曜日。ポカポカと照りつける秋晴れの太陽を全身に浴び日光浴を楽しんだり、Prestoはそこらをくんくんゴロゴロしたりと平和に終わったように見えた日曜午後の散歩。実は僕達を心底驚かせる事をPrestoはやってのける。
c0198524_18515744.jpg
「あ〜いい天気だね〜!」なんて呑気にブラブラ歩いていた僕達。Prestoはその僕達の周りで相変わらずそこら辺をくんくん。丁度見晴らしの良いリンゴの木の下で僕達はちょっと休憩する事に。
写真は地面に落ちているリンゴの匂いをくんくんと嗅ぐPresto。基本的に果物に興味を示さないPresto。りんごも好きでは無いようで軽く匂いを嗅ぎその場を後にする(特に柑橘系は大嫌いで、ミカンやオレンジを顔に近づけると「うー」ととて〜もイヤそうな顔をする。笑)。
c0198524_1963021.jpg
最初のうちはいつものように普通にくんくんとそこらの匂いを嗅ぎ回っているだけだと思っていた僕達。
c0198524_191301.jpg
そしてこれまた散歩中に良くする、犬らしからぬまるで獲物に襲いかかるネコのように前足を揃えてぴょーんと飛び跳ねる仕草。
c0198524_191643.jpg
そして飛び込んだ地点に顔を突っ込み「フー」と鼻息荒いのもいつものとおり(笑)。ダイブした後は大抵こんな感じでしばらくその地点に鼻先を突っ込んでいるのが普通。
c0198524_19172214.jpg
c0198524_19185846.jpg
でもこの日はこの犬らしからぬ猫ダイビングが一度ならず立て続けに連発。まるで何かを追うかの如くぴょ〜んと跳ねては「フー」を繰り返す(僕達はこのいつもとは異なる行為に「どうしたんだろう?」と首をかしげる)。
c0198524_1923374.jpg
繰り返される跳ねては「フー」という行為が続いたと思ったら急に僕達の方をジッと見つめるPresto。どうしたんだろう?と思いつつも、結構距離が離れていたので僕達の元へと呼び戻す事に。
c0198524_19304038.jpg
テケテケテケと嬉しそうに僕達の元へ戻ってくるPresto。でも何故か少々僕達から離れたリンゴの木の下でストップ。するとTが「ねぇPresto、何かくわえていない?」と僕に言う。確かにPresto、何かを口にくわえている。何をくわえているのかじっくりとよく見てみると・・・
c0198524_19334179.jpg
何と!何と!Prestoが口にくわえていたのは「野ネズミ」!!!!

その信じられない事実に驚く僕達。そして僕とTは口々に『Aus!!(離せ!)』やら『Pfui!!(コレは訳すのが難しいのだけれど日本語の「しっ!」みたいなニュアンス。口にしてはいけないものに近づいた時に発するコマンド)』と必死にコマンドを発するものの、Prestoは勿論折角の獲物をそう簡単には放さない(パッドで字書くのって難しい!困)。
c0198524_19372937.jpg
パニクって「放せ」のコマンドを連発する僕達の頭上には赤々と実るリンゴの木。そして地面にはリンゴが幾つも落ちている。
その事実に気づき、地面に落ちているリンゴを手に「Presto!!」と叫びリンゴの存在をPrestoに知らしめ興味を誘う僕。そして赤いリンゴを投げる。
c0198524_1942473.jpg
嗚呼悲しいかな、レトリーブ犬の条件反射(哀)。
今まで絶対に放そうとしなかった野ネズミをポイっと投げ捨て、投げられたリンゴを追いかけるPresto。そしてそれを健気にも僕達の元へと持ち帰るPresto。でも「あれ、いつもの赤いゴムボールとは味も感触も違うぞ!」と途中で気づいたのか、道中半ばでポイッとリンゴを吐き捨てる(リンゴ、嫌いだもんね)。
c0198524_1946886.jpg
そして「!」っと思い出したように必死に大事な野ネズミを探しはじめるPresto。
c0198524_19511920.jpg
あたふた・・・
c0198524_1953199.jpg
あたふた・・・

とそこらを必死に探しまわるものの野ネズミは見つからない(だって見当違いの場所探しているんだもの。笑)。それでもずっーーと必死に野ネズミを探すPresto。いつもなら助けてあげるけれど、この日は助けてあげない。
c0198524_1955460.jpg
Prestoがあたふたと見当違いの場所を探している間に僕達は現場検証。Tはこの野ねずみを見て「きっと死んでいたんだよ。ホラ、何だか新鮮じゃないでしょう」と評価。遺体(?)には目立った外傷も無く、出血も皆無。僕はショック死、若しくは死んだふりをしていたのではないかと予想する。

程なくして現場検証を終えた僕達は、Prestoのはじめての犠牲となった哀れな野ねずみに合掌して(嘘)その場を去る。
c0198524_19585347.jpg
実はいままで中々コーシングに気乗りしなかったのは、コーシングの味を占めてしまうと散歩中に出会うウサギやリス等の小動物を目標にズババババっと走り去ってしまうのではないかという心配が僕達の頭の片隅にあったから。

しかしこの日、はじめて自ら狩猟に成功(!?)してしまったPresto。この日を境にこれで心置きなくコーシングにデビューできるようになったのかもしれない(←何か違うような気がする・・・汗)。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ
にほんブログ村
by presto-presto | 2010-10-08 20:15
<< クマの湯たんぽ。 自動食餌摂取量調整機能付きウィ... >>



-僕とパートナー・Tと共にドイツで暮らすウィペット・プレストとの日常の記録。                 Presto:2008年9月18日生まれの♂のWhippet。           
by presto-presto
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31