まっ白に凍てつく朝の散歩道。
c0198524_13403117.jpg
0.2℃の夜の散歩の次の朝。いつもの朝の散歩道は一変してまっ白に凍てつく。




c0198524_13434666.jpg
金曜日の朝の目覚めは、寝室のドアの前に立ち尽くし「トイレに行きたい!」とヒンヒンと泣くPrestoの鳴き声。たぶん前夜に水を飲み過ぎたのだろう。普段は僕達が起きるとのっそりとアクビをしながら起きるPresto。この日の朝のように水を飲み過ぎてトイレが我慢できなかったり、下痢の時はドアの前に立ち尽くしてヒンヒンと泣いて僕達に知らせてくれる(写真は以前に日中撮影したもの。でもこんな感じで寝室のドアの前で微動だにせずに泣きながらトイレに行きたいと知らせてくれる)。
c0198524_1351239.jpg
案の定、外に連れ出すと一目散に家の前の外灯に駆け寄りシーっとオシッコを始めるPresto。こういうときの奴のオシッコは異常に長く(さすがに我慢も限界だったようでかなりの量!)いつ果てるともないPrestoのオシッコを僕は寒い中一人待ち続ける(立ち止まると本当に寒い!)。

これが早朝4時とか5時とかだったら家の周りを一周して速攻ベッドに直行だけれど、この日はいつもよりも一時間早いだけだったので、そのまま朝の散歩に行くことに。このときの外気温約3℃。さすがにPrestoも寒かったようで、リードを外せる川沿いの遊歩道につくまでブルブルと震えながら歩いていた。
c0198524_1414833.jpg
朝日と凍てつく芝と紅葉。この朝は風もない晴天だったのだけれど、寒さの影響か、紅葉した木々の葉が凄い勢いではらはらと落ち続けていた。
c0198524_13583959.jpg
とにかく寒かったこの日の朝の散歩。そして何よりも驚いたのは、川沿いの散歩道の芝一面がまっ白に凍っていたこと。あ〜本当に冬がやって来てしまったんだなぁ〜と白い大地を見つめながら実感する。
c0198524_1473441.jpg
日陰の白く凍てつく大地と、朝日を浴びて黄金色に輝く山のコントラスト。冬場は日が当たるか当たらないかでかなりの温度差となる。
c0198524_1491763.jpg
あまりの寒さに体温を上げるために所構わず一人爆走をするPresto。中々の描写と性能を誇るiPhone4のカメラもPrestoの爆走のスピードにはついて行けない(笑)。
c0198524_14114910.jpg
色とりどりの落ち葉の絨毯も、うっすらと白く凍てつく。

天気予報によると週明けからはさらに冷え込むとの予報。僕達が住む町にも初雪が降るかもしれないとの事。これからの季節、朝夜の散歩が厳しくなってくる(寒)。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ
にほんブログ村
by presto-presto | 2010-10-23 14:19
<< 冬支度。 0.2℃の夜の散歩。 >>



-僕とパートナー・Tと共にドイツで暮らすウィペット・プレストとの日常の記録。                 Presto:2008年9月18日生まれの♂のWhippet。           
by presto-presto
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31