冬支度。
c0198524_19173211.jpg
我が家のバルコニーも冬支度。




c0198524_19222430.jpg
外はすっかり初冬の寒さだというのに、ずっと夏仕様で放置してあった我が家のバルコニー。コンテナには枯れたペチュニアに寒くて成長しなかったルッコラ(涙)。冬の冬眠(?)に向けて剪定しなくてはいけないバラの鉢にクレマチス。そして成長期を過ぎた紫蘇に大葉。ようやく重い腰を上げてバルコニーの掃除(?)にとりかかる。
c0198524_1924532.jpg
寒い中、可憐に咲く紫蘇の花。もう少し待てば種の収穫も出来るけれど、我が家の『捨て棄て大魔王』の異名を持つT(ものを捨てるのが趣味ではないかと思うことも。笑)より廃棄処分の命が下される(涙)。
c0198524_1930071.jpg
そして泣く泣く(?)紫蘇の廃棄処分している僕の足下で、何故かコンテナをくんくんくんと嗅ぐPresto。何か興味を引く匂いでもしたのかな?
c0198524_19342926.jpg
バラは冬眠用にグッと短くサッパリ剪定。バルコニーを埋め尽くしていた鉢は殆ど撤去。そしてコンテナには新たに冬越えの出来るエリカ(Erikas/Haiden. ツツジ科)を植えてようやく冬らしくすっきりと片付いた我が家のバルコニー。

もうしばらくしてさらに寒くなると、剪定したバラの鉢は暖かくなる来年の春まで義父のビニールハウス行き。クリスマスの頃には写真に写っている赤いランタンだけがバルコニーにポツンと残ることに。
c0198524_21404186.jpg
そして月曜日の午前、ヒロボさんがわざわざ日本から送ってくれた『種の詰め合わせ』が届く。届いた種はドイツでは見かけない珍しい品種のペチュニアが2種。そしてサラダや一夜漬けに活躍しそうな小型な大根のような"ホワイトアイシクル"。そして冬場でも室内で栽培できそうな"かいわれ赤大根"。
今年の夏はお互い天候不良で栽培に失敗した(?)ペチュニア。来年は日本とドイツ、どちらのペチュニアがよりキレイに咲くのかとても楽しみ(笑)。ヒロボさん、素敵な種の詰め合わせ。どうもありがとうございました♪
c0198524_1394958.jpg
リビングもすっかり冬仕様。至る所にTの好きな『ロウソク』が灯り、気分はすっかり"冬"。今はまだ小型のティーライトが中心だけど、あと一ヶ月ほどで始まるクリスマス前のアドヴェントの季節になると、もっと大型のロウソクが用意され我が家のリビングはさらに冬らしくなる。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ
にほんブログ村
by presto-presto | 2010-10-26 06:55
<< かみかみ、かみかみ。 まっ白に凍てつく朝の散歩道。 >>



-僕とパートナー・Tと共にドイツで暮らすウィペット・プレストとの日常の記録。                 Presto:2008年9月18日生まれの♂のWhippet。           
by presto-presto