快晴の雪景色と抜糸で予防接種な朝。
c0198524_16555932.jpg
久しぶりの青空と凛と引き締まる澄んだ空気の雪景色の朝。僕達はPrestoの抜糸と予防接種を受ける為に朝から獣医へ。




c0198524_16581226.jpg
ベッドをからのそっと起きて「うーーん」とオヤジ臭い声をあげながら伸びをして、僕からアゴの下をガシガシと撫でられリビングへと向かうPresto。朝の定番、換気の為に開けた窓からバルコニーへのそのそと出て行くPresto。
c0198524_1704334.jpg
眩しい朝日を浴びる雪の積もったバルコニーとPresto。う〜ん、朝日を一身に浴びれる晴天の朝はやっぱり気持ち良い!
c0198524_172321.jpg
くるくると毎日の風の強さを教えてくれる風車も、越冬中のピンク色のエリカも土曜の朝は雪に埋もれる。しんしんしんしんと夜中に雪は静かに積もったらしい。雪化粧の町、そして森に朝日。何とも美しく清々しい朝。
c0198524_1751765.jpg
寒いからか朝の町の警備もそこそこに(笑)バルコニーに積もった雪の匂いを嗅ぐPresto。雪の匂いなど何処でも同じではないかと思うけれど、Prestoは散歩に出てもくんくんといつもよりも入念に雪の匂いを嗅ぐ。
c0198524_1765824.jpg
朝食も取らずに家の近所を軽く一周散歩(トイレ散歩)した後にPrestoを車の後部座席のPettubeに回収(?)したあと、一路抜糸と予防接種の為に獣医さんへと向かう。眩しい朝日の木漏れ日と樹氷のような白い木々が美しいいつもの道。
c0198524_1793967.jpg
天気が良いと気分も晴れ晴れ。気持ちの良い青空にまっ白な大地と森を見ながら「何だか休暇旅行に来たみたいだね〜」とTに話すと「休暇旅行は普通夏でしょう」との回答にTは冬に休暇旅行をした事が無い事が判明(笑)。
ドイツの冬の休暇旅行の定番・黒い森の側に生まれ育ったTは、わざわざホテルに泊まる必要もなく、気軽に日帰りで雪の黒い森を家族で楽しんでいたらしい。まさに土地の利(笑)。
c0198524_1717460.jpg
車のエンジンが止まり、Pettubeから顔を出し「何処ですか〜!?」と期待に胸を膨らませるPresto。「残念ながら君の大好きな散歩じゃなくて獣医さんに到着だからね」と言っても通じるわけは無く・・・。
c0198524_17185955.jpg
誰もいない静かな獣医さんの待合室で一人はぁはぁと緊張するPresto。
実はこの日は待合室で予想外に診察を終えたチワワ(何だかとっても凶暴な顔つきの妙に攻撃的なチワワだった)に吠えられ、嫌いな病院での緊張と相まってかはじめて待合室で脱糞をしてしまう(汗)。恐るべしチワワ。実は僕もホラー映画に出てきてもおかしく無いような歯を剥き出した攻撃なチワワを見て「怖えぇぇ〜」と思ってしまった(攻撃態勢の大型犬よりも何故か身の危険を感じた)。
c0198524_1725816.jpg
傷は予想以上の回復。獣医さん曰く「まぁ〜ホッチキスの針、こんなにしっかりまだ着いているの?(勿論。犬服着させて舐めないようにしていましたから)こんだけしっかりとくっ付いたのなら、傷もあまり目立たないでしょう。上出来、上出来」とご機嫌。カサブタの取れた今では淡いピンクの傷跡が一直線に残るのみ。そして抜糸のあとに2011年分の予防接種をブスッと刺して往診終了。
美しい土曜の朝の天気に女獣医さん、終始「あぁ〜最高の天気ねぇ。今日は殆ど患者も来ないし最高〜!」と久しぶりの快晴の天気にウキウキしていた(笑)。
c0198524_1732043.jpg
抜糸を終えた僕達はPresto待望の散歩ヘ。病院の裏側にはこんな散歩に持ってこいの農地が広がる。病院のストレスから開放されたPrestoは大好きな雪原を気持ち良さそうに爆走(笑)。
c0198524_1737944.jpg
 黙々と僕達の前を進み・・・
c0198524_17374789.jpg
離れ過ぎだと呼び戻され、爆走しながら戻ってくるPresto。そしてまた爆走して遠くへ行っては呼び戻されると言う事を延々と続ける(困)。
c0198524_17392154.jpg
爆走タイム終了後は匂い嗅ぎの時間の開始(笑)。警察犬さながらにくんくんくんと雪上を嗅ぎ回り・・・
c0198524_18076.jpg
時に「フー!」と言いながら雪の中にマズルを突っ込む。そして鼻先は雪でまっ白に(笑)。
c0198524_17405229.jpg
爆走して匂いも嗅ぎまくってご機嫌なPresto。さぁクルマに戻ろうかと思った矢先に・・・
c0198524_17424157.jpg
散歩中の犬二匹に遭遇。しばしの間遊ばせる事に。
c0198524_17435823.jpg
体つきからサイトハウンドの血が入っているとわかる元気な黒い犬はPrestoと一緒に爆走。雪上の追いかけっこを楽しむ。
ちなみにこのサイト系の黒い犬。スペインからレスキューされた犬を貰い受けたそうで、ポデンコ(Prestoがよく間違われる犬種)の血が入っているらしいとの事。動物保護意識の高いここドイツ。国内の犬の保護だけではなく、国外、特にスペインから犬を保護してきてドイツで里親を捜すと言うケースも非常に多い(実はそれでポデンコというマイナーな犬種がドイツでは認識度が高いらしい)。
c0198524_17491384.jpg
折角遊ぼー走ろーと誘ってくれる元気な若い犬がいるというのに、15歳の高齢なメスのジャックルッセルテリアにご執着のPresto。前々から薄々気づいていたのだけれど、Presto、どうやら年上の女性が好みのよう(若い犬はうざいらしい)。一度是非魅力的な大人の女性の魅力に溢れる(怖い)妃鶴嬢やウィーベル(ウィ+ドベ)仲間(爆)の箱入り娘あずきちゃんなどにお相手願いと思う(夢)。
c0198524_175303.jpg
散歩の終わりに動物病院の裏の馬に遭遇。でもPresto、この日は馬には一切興味を示さず。
帰宅後は遅い朝食、そして家族揃っての昼寝(ぐーたら家族。汗)。そして午後は待望の雪の森へと散歩に行く。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ
にほんブログ村
by presto-presto | 2010-11-28 18:00
<< Christmas Time ... 初雪。 >>



-僕とパートナー・Tと共にドイツで暮らすウィペット・プレストとの日常の記録。                 Presto:2008年9月18日生まれの♂のWhippet。           
by presto-presto
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31