空気あたま。
c0198524_1801136.jpg
2010年〆の記事としてはなんだけど・・・ぽっこりブヨブヨに膨らんだPrestoのあたまの瘤の正体。それは驚く事に空気。




c0198524_1823484.jpg
Prestoの頭の異変に気づいたのは26日の日曜日の午後の散歩を終えて帰宅してから。いつものようにPrestoの頭を撫でようとすると何だかいつもと感触が違う。どうしたのかな?と思いPrestoの頭をじっくりと見てみると明らかにプックリと腫れているのを発見。

写真は僕が頭の膨らみに気づく前、午後の散歩の時に撮影したもの。この写真でも明らかにPrestoの頭部がプックリと変形しているのが確認出来る。それにしてもこの頭の形・・・何処かで見た事あるぞ!と思っていたら、子供の頃に見た恐竜大百科にあった恐竜にそっくり(名前は失念。汗)。
c0198524_18104082.jpg
日曜日は獣医も休みだし、様子見して翌日の月曜日。一晩明けても頭のブヨブヨは収まらず。写真ではその膨らみ加減が伝わり辛いかもしれないけれど、ウィペット飼いなら一目瞭然。平らな筈の頭の天辺が、まるでコッカスパニエルのように丸くカープを描いているのが解ると思う。
c0198524_18161478.jpg
触った感触はまさにプヨプヨ。丁度融けたアイスノンみたいな異様なさわり心地(汗)。とりあえず獣医に連絡。先日怪我の処置をしてくれた獣医さんは、縫った足が腫れるのではないかと予想はしていたらしいけれど、まさか頭が腫れるとは思ってはいなかったらしく来院する事を勧められる(それにしてもT撮影のこのPresto。見事なまでの不細工振り。苦笑)。
c0198524_18202138.jpg
電話の後、早速獣医さんに診察してもらうPresto。足の怪我は予想以上の回復をみせ、縫った箇所も順調。これには獣医さんも大満足。そして問題の頭のブヨブヨ。
獣医さんは僕と同じく水か膿みがたまっているのではないかという予想。内容物が飛び散るかもしれなから気をつけるようにという指示のもと、頭の傷のかさぶたを剥がし(禿げませんように。祈)プヨプヨを押し出す獣医さん。しかし何も出てこない(大汗)。コレには獣医さんもビックリ。どうして空気が頭の中に侵入してぶよぶよとした瘤をつくるに至ったのかは謎のまま診察終了。
c0198524_9575999.jpg
診察後2日程はまだ僅かに空気が残っていて(発生して?)相変わらず頭がプヨプヨ異様な感じだったけれど、今日(30日)には空気もすっかり抜けて(?)いつも通りに。足の傷も順調に回復していて、今週はいつも通り普通に散歩もしたし、元気に爆走もしていた(ただしフリスビーはまたもや謹慎中)。
c0198524_100774.jpg
2010年最後の記事が病状記録日記になってしまったのはまるで今年一年を象徴しているかのよう。特に下半期は僕もPrestoも故障の多い一年となってしまったのは非常に残念。来るべき2011年。来年こそは元気に健康に怪我の無い一年に出来ればというのが僕達の一番の願い。

そして最後になりましたが、今年もブログを通してPrestoとの生活を見守って下さった皆様、そして嬉しいコメントを残して下さった皆様、本当に本当にありがとうございました!

今年も残すところあと僅かですが、皆さん良い年越しを♪

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ
にほんブログ村
by presto-presto | 2010-12-31 10:20
<< Gutes Neues 2011!! クリスマスイヴの朝に届いたもの。 >>



-僕とパートナー・Tと共にドイツで暮らすウィペット・プレストとの日常の記録。                 Presto:2008年9月18日生まれの♂のWhippet。           
by presto-presto
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30