100点満点の快晴の日曜午後の散歩。
c0198524_18393992.jpg
午前中の一寸先も見えないような濃い霧が晴れると、雲一つ無い最高の青空が広がった暖かな日曜午後の散歩。




c0198524_18413250.jpg
c0198524_18414712.jpg
c0198524_18415673.jpg
最高の天気だった日曜日の午後。僕達は久しぶりに隣村の森を訪れる。
c0198524_18434979.jpg
長い間雪に覆われた森は以前よりも多くの苔に覆われ一面苔緑色に。雪の下でひっそりと繁殖していた苔の生命力に驚き。
c0198524_18471022.jpg
町中や日当りの良い農地の雪はすっかり融けてしまったけれど、日当りの悪い森には所々にまだ融けていない雪が見られる。
c0198524_18525349.jpg
20分程気持ちの良い森をブラブラと散歩。そして森を抜けると・・・
c0198524_18541050.jpg
c0198524_18542389.jpg
c0198524_18543854.jpg
暖かな太陽が燦々と降り注ぐ広大な草原に到着。そしてここでPresto待望のフリスビー(笑)。数ある僕達の定番散歩コースの中でも日当りがよく、平で広大なこの草原はフリスビーをするには最高の場所。
c0198524_18572411.jpg
暖か午後の太陽を一身に浴びて気持ち良さそうに爆走するPresto。
c0198524_17515426.jpg
ヒートアップしたカラダを自主的に雪の上にてクールダウンするPresto。フリスビーをしていてバテると自主的に休憩体勢に入る。
c0198524_17544318.jpg
クールダウンが終わると「よっこらしょ」っとオヤジ臭く立ち上がりしばしの間瞑想(!?)。
c0198524_17555686.jpg
そして足取りも軽やかに(?)フリスビーに復帰する(笑)。
c0198524_17564994.jpg
日当りの良い草原はまるで初春の景色を眺めているかのよう。
c0198524_17575150.jpg
そして日当りの悪い森方面の大地は凍てつき、まさに冬の装い。同じ場所でも日当りによってココまでの差が出る。
c0198524_1822398.jpg
c0198524_1824958.jpg
c0198524_1832148.jpg
c0198524_1834443.jpg
そして再びフリスビーとボールを相手に弾ける(!)Presto。ぴょーん、ぴょーんとまるでウサギかカンガルーの如く飛びまくった割には、キャッチ率が低かった第二ラウンド。どうもフリスビーが滑り易かったようで、キャッチしようとして弾いてしまう事が多いように見えた。
c0198524_1862847.jpg
そしてまた日陰にぺたりと座り込み自主的休憩中のPresto(笑)。
c0198524_19593474.jpg
c0198524_2001033.jpg
休憩が終わればまたフリスビー。しつこいくらいにフリスビー三昧なPrestoの散歩(笑)。でもワンラウンドがそれ程長く無いのでカラダへの負担はそれ程大きく無い筈(希望的推測)。
c0198524_2015114.jpg
フリスビー終了後のPresto。Prestoの充実したとても満足そうな表情に僕達も思わずニッコリ。
c0198524_2033874.jpg
c0198524_2041916.jpg
c0198524_2045941.jpg
c0198524_2071910.jpg
太陽が降り注ぐ大草原でのフリスビーを終え、散歩続行。この後もあと2ラウンド(!)フリスビーをしたり、Tと一緒に大きな木の下のベンチに座って日光浴を満喫したりと、久しぶりにのんびりとした散歩となる(まさに心の洗濯。笑)。
c0198524_2010165.jpg
そして黄金色に輝く太陽が西の森の陰に隠れる頃、僕達ののんびりとした心地よい日曜午後の散歩もようやく終わりを迎える。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ
にほんブログ村
by presto-presto | 2011-01-20 20:14
<< 冬、再び。 真冬のintermezzo。 >>



-僕とパートナー・Tと共にドイツで暮らすウィペット・プレストとの日常の記録。                 Presto:2008年9月18日生まれの♂のWhippet。           
by presto-presto
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30