暖かな春の日差しの森散歩。
c0198524_2018274.jpg
気温も20℃を越え、春というよりは初夏のような爽やかな天気だった週末の森散歩。




c0198524_2020230.jpg
ついこの前まで、雪融け水を含みグチャグチャにぬかるんでいた林道もすっかりと干上がり(?)散歩にはもってこいのコンディション。
c0198524_20214135.jpg
森の広葉樹も新芽を芽吹きはじめ、まさに春の到来という感じ。
c0198524_20222696.jpg
Prestoも春の森の匂いを嗅ぐのに大忙し(笑)。
c0198524_2023152.jpg
最近のお気に入りは、伐採されたモミの木の匂いを嗅ぐ事。

くんくん、くんくんと匂いを嗅ぎ、ピッとマーキングする前に撤収命令。というのもここで『モミの木=マーキングポイント』と刷り込まれてしまうと、街中がモミの木のクリスマスツリーで溢れかえる今年のクリスマスシーズンに出かけられなくなってしまうし(汗)。しかしこのPrestoの真剣な眼差し。この偉大なる(!?)集中力と執着心・・・他に使い道はないものだろうか(笑)。
c0198524_2028021.jpg
冬場は鬱蒼としていて寒々しかった林道も、青空と木々の間から射し込む暖かな春の木漏れ日のおかげでポカポカ気分。
c0198524_20332970.jpg
Prestoもまるで日だまりを選ぶかのように木漏れ日の射し込む場所でピピッとマーキング(笑)。
c0198524_20342998.jpg
緑の苔生す森を歩くPresto。
c0198524_2035897.jpg
しゃがんで森の可憐な花を撮影していると・・・
c0198524_20361498.jpg
急にしゃがんでいる僕に向かって爆走をはじめるPresto(危ないぢゃないか!!!大汗)。
c0198524_2037257.jpg
あっちにドドドドッこっちにドドドドドッと木々の間を縫うように爆走するPresto。まったく何が楽しいのやら(困)。
c0198524_20383368.jpg
しばらく森の中をブラブラと歩いているとTが「わらびー!!!」と日本語で絶叫する(爆)。どれどれと近づいてみると、たしかにわらびのようなシダ科の新芽を発見。でもこれはきっとワラビじゃないでしょうね(残念)。

「わらび」。これは昨年僕の両親がドイツを訪れた際にTが収得した(?)唯一の日本語。黒い森の中でワラビを発見した両親が「わらび、わらび!!!へードイツにもワラビなんてあるんだねー!」と感心しているのを見たT。どうやら「わらび」は植物のわらびではなくて動物の「ワラビー」に関連づけされているらしく、その名前のギャップが可笑しかったらしく、シダ系の芽を見つけると「わらびー!!!」と絶叫して喜ぶ、少々エキセントリックな人となってしまったのだった(大汗)。
c0198524_2047012.jpg
道端のシダを見つめあーだこーだ言っている僕達を不審に見つめるPresto。
c0198524_20475130.jpg
「ねーいい加減先行こうよー」とでも言いたげなPresto。おぉ中々良い立ちポーズだねぇ〜という事で記念に一枚(カシャ)。
c0198524_20504582.jpg
何て事を僕がしているうちにTに呼び戻され、渋々(?)僕達の元へと戻ってくるPresto。暑さで顔、引きつってるし(寒冷地仕様ウィペットは暑さに弱い。笑)。
c0198524_20531361.jpg
c0198524_20533959.jpg
c0198524_20544527.jpg
ぶらぶら〜っとポカポカ陽気で木漏れ日が気持ちの良い春の森の散歩を満喫する僕達。
c0198524_20555787.jpg
道端には春らしい黄色い花が咲く。
c0198524_2056556.jpg
こうして気持ちの良い春の森を抜け、Presto待望のフリスビーの出来る大草原へと僕達の散歩はつづく。
僕達にとっても久しぶりの森散歩。ポカポカ陽気の春の日差しを全身に浴びて、とても気持ちの良い、心休まるリラックスした散歩となる。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ
にほんブログ村
by presto-presto | 2011-04-19 21:03
<< 久しぶりの州都散策。 元気の源。 >>



-僕とパートナー・Tと共にドイツで暮らすウィペット・プレストとの日常の記録。                 Presto:2008年9月18日生まれの♂のWhippet。           
by presto-presto
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31