春、終了。
c0198524_197371.jpg
ふと気がつけば、春はとっくに終了していて6月も2週目が終わろうとしている今日この頃。




c0198524_1913272.jpg
雪が融け気温が上昇しはじめてポカポカ陽気で冬の厚手のコート無しでも散歩に行けるようになった3月のはじめ。今年の春の訪れは例年よりも幾分早かった。
c0198524_19165268.jpg
枯れ草色だった草原はいつのまにか見慣れたグリーンの草原へと変化を遂げていて
c0198524_1918383.jpg
Prestoの足下にも春らしい可憐な花が見られるようになり
c0198524_19193228.jpg
暑さに弱い寒冷地仕様ウィペットはちょっとフリスビーを追いかけただけでハァハァハァとだらしなく舌全開でバテはじめるようになる(笑)。
c0198524_19244312.jpg
3月の終わりから4月のはじめにかけて一気に花々が開花しすっかり春らしくなる。
c0198524_19274748.jpg
緑一色だった草原もたんぽぽの黄色に染まり
c0198524_19283542.jpg
森の木々もようやく目に眩しい若草色の新芽を芽吹きはじめる。
c0198524_19295889.jpg
Prestoも足や顔を花粉で黄色に染めて元気に黄色い草原を駆け回る。
c0198524_19313310.jpg
道端のたんぽぽの花の匂いを嗅いでみたり(「食べたら美味しいかな?」P談)普段よりも幾分のどかな春の散歩。
c0198524_19324891.jpg
たんぽぽで黄色く染まった草原が綿帽子でまっ白に染まる頃
c0198524_19352710.jpg
今度は広大な土地が菜の花の黄色と
c0198524_19351473.jpg
バターの花(Butterbulume/直訳。汗)の黄色の絨毯に覆われる。
c0198524_19384178.jpg
菜の花畑の黄色い絨毯を目にしなくなってから約2週間。出張帰りの車窓から眺める光景は初夏の緑一色。平らな土地はいつのまにか成長した麦穂に覆われ、森も勢いのある緑で一杯。

長かったような短かったような、あらゆる意味で例年とは異なった今年の春。ふと気がつけば今年の春はいつの間にやら終了していてドイツはすっかり夏になってしまったらしい(ここ数日は雨模様で少々冷え込んでいるけれど)。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ
にほんブログ村
by presto-presto | 2011-06-09 19:51
<< 出端を挫かれる。 いつもと変わらないキッチンでの情景。 >>



-僕とパートナー・Tと共にドイツで暮らすウィペット・プレストとの日常の記録。                 Presto:2008年9月18日生まれの♂のWhippet。           
by presto-presto
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31