出端を挫かれる。
c0198524_7102580.jpg
長い間我が家の懸案事項だった問題を解決すべく、遂に意を決し重い腰を上げたにも拘らず出端を挫かれる結果となった残念だった今週の月曜日。




長年の我が家の最大の懸案事項。それは停留睾丸なPrestoの去勢手術。成長しきるといわれる2才になったら手術をしようと思いつつも中々思い切りがつかなかった僕達。ようやく月曜日にTと僕も決心がつき、いつもお世話になっている獣医さんのところへドキドキしながら電話を入れる。
c0198524_725553.jpg
「決心ついたらいつでも電話で予約入れてね〜」と女獣医さんにいわれていた僕達。てっきり電話を入れた週、遅くてもその次の週には手術となると思い込んでいたところ「来週から2週間休暇なのよー。次の予約は7月の初めだけど」と予想外の回答に大慌て。

僕達としては、6月→手術&抜糸、7月→安静、8月→復活(夏休み!)と計画していただけに、コレが一ヶ月ずれ込む事になると7月〜8月安静となり、暑い最中に水遊びも出来ず、夏の休暇旅行も思いっきり遊ばす事も出来なさそうという予想から今回の手術はパス。手術は秋口にしようと思う旨を獣医さんに伝える。

こうしてようやく意を決してPrestoの去勢手術への第一歩を踏み出そうとした僕達は予想外に出端を挫かれる事に。
c0198524_15135019.jpg
ところで今回電話で獣医さんと話した際に手術への準備と手順について質問したところ、術前の血液検査も検診もこれといって無し。準備としては予約を入れた手術の日の朝ご飯を抜くぐらいで後はいつも通りでオッケーという回答に少々戸惑う僕。まぁ細かい事は気にしないドイツらしいといってしまえばそれまでだけど、術前に検診も血液検査もしないという事実に少々心配になってしまった(本当にコレで大丈夫なのだろうか・・・悩)。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ
にほんブログ村
by presto-presto | 2011-06-11 15:20
<< 湖畔ぐるり一周散歩。 春、終了。 >>



-僕とパートナー・Tと共にドイツで暮らすウィペット・プレストとの日常の記録。                 Presto:2008年9月18日生まれの♂のWhippet。           
by presto-presto
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30