ジャケット買い。
c0198524_5544227.jpg
久しぶりにジャケット写真に一目惚れ(?)してポチってしまったCD。



古い木箱の上に正面を向いて座る、飾り気の無いゆったりとしたトゥニカを着る裸足の女性。その横にちょこんとお行儀よく伏せる犬が一匹。その大きさからウィペットではないかと推測。このウィペットが撮影の為にかり出されたモデル犬なのかどうかはわからないけれど、このジャケット写真からはその場限りでは無い、ドイツで見かける、典型的な飾り気の無い自然体のウィペット飼いとその愛犬との親密な関係を見事に切り取った一枚のように僕には見える。そんな素敵な写真に惹かれてこのCDを買ってしまったのだった(笑)。
c0198524_5563397.jpg
このCDはMadeleine Peyrouxの"STANDING ON THE ROOFTOP"。基本的にヴォーカル+ベース+ギター+ドラムのアコースティックな調べのこのアルバム。ジャズなのかカントリーなのかフォークなのかいまいちジャンル分けに苦慮するそんな内容のアルバム編成。全体的にどことなくウィペットっぽい選曲(?)でマッタリした午後にゆっくりと聴くのにもってこいの一枚。


巷では省スペース化、合理化でディスクメディアを排斥したPCオーディオが全盛。そんな中CD世代ドップリの僕(小学生の頃にCDが登場。それ以来音楽はほぼCD一筋)は相変わらずCDを購入してCDを聴いている。確かにハードディスクにリッピングした音楽はお手軽だし、最近では音質もかなりのもの。何より今までCDを並べていたスペースが無くなるというのが魅力らしい。
実際我が家のオーディオシステムでもいわゆるPCオーディオを楽しむ事は出来るけれど、殆ど使用する事は無い。相変わらずCDを棚に並べ、その時の気分でお気に入りのCDを取り出しCDプレーヤーに入れてアルバムを一枚まるまると聴く。好きな曲も嫌いな曲も飛ばさずにアーティストが収録した楽曲と演奏にガッツリ向き合う、相変わらずの古いスタイルのリスニング方法。それでもきっと僕は頑にこのスタイルをずっと崩さないのではと思う。まるで小学生の頃にCDを拒絶してレコードにこだわった僕のオヤジ世代の人達のように。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ
にほんブログ村
by presto-presto | 2011-06-23 06:26
<< 水の上を疾走する犬。 恒例・初夏のバルコニー事情2011。 >>



-僕とパートナー・Tと共にドイツで暮らすウィペット・プレストとの日常の記録。                 Presto:2008年9月18日生まれの♂のWhippet。           
by presto-presto
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31