予定外の衝動買いと試し撮りの週末。
c0198524_6172252.jpg
愛用のデジイチ・SONY α350の背面液晶モニターを壊してしまったのが5月の初め。それ以来サブカメラのコンデジとiPhone4で凌ぎながら、壊したカメラの修理か秋のニューモデル待ち(買い替え)かと悩みに悩んだこの2ヶ月。たまたま仕事の帰りに立ち寄った電気店で超お買い得価格の型落ちデジイチに出会い、Tにも相談せずに予定外の衝動買い決行(苦笑)。




c0198524_6245962.jpg
今回衝動買いしてしまったのは以前使用していたデジイチと同系列モデルであるSONYの入門機α390。今まで使っていたα350の4世代(?最近のソニーは入門機リリースラッシュで良くわからない。汗)あとのモデル。現在はこの390の後継機α33、そしてニューモデルのα35が最近新発売。
ニューモデルが新発売されたとはいうものの、型落ちのα33はまだまだドイツでは高値(日本では考えられない強気のお値段。驚)でお買い得感は無し。そんなところに今回購入のα390が超お買い得価格で売られているのを見つけその場で即お買い上げ。実は買い物はリサーチにリサーチを重ねて慎重にするタイプなので今回のような衝動買いは自分としては非常に珍しいケース(笑)。
c0198524_633041.jpg
α33と55については事前に下調べしていたものの、今回購入したα390は完全にノーマーク(その前のモデルの380についての知識はあった)。そんなで急いでiPhoneでα390についてググって調べる(便利な世の中になったものだ。感心)。するとどうやらこのモデルがソニーの事実上最後のCCD搭載モデルのよう。α33&55以降は高速連写が売りの透過ミラー搭載&CMOS。特にCCDにこだわりのあった僕はCCD搭載最終モデルにもなるかもしれないという理由で迷わずα390に即決。それに加えニューモデルのα35では背面モニターが固定式という情報もあったので可動式モニター搭載のα390は僕にとって好都合。というわけで新しいレンズを購入するよりも遥かに安価な特売価格でα390を購入(嬉)。

写真は以前使用していたハンドストラップと普段使いのシグマ・DC18-250HSMをα390に早速取り付けてみたところ。以前使用していた350よりもサクサクとオートフォーカスが決まるし迷わない(α350はジジっと前に行ったり後ろに行ったりかなり迷う事が多かったのでシャッターチャンスを逃す事多発)。本来カメラの買い替えというとワンランク上のカメラを狙うのが普通だと思うけれど、僕は同ランクを購入。というのもまぁ僕ぐらいのカメラの腕では高級カメラを使おうが入門機を使おうがそれ程差は出ないと思うし、入門機の方がセッティングが簡素で使い易いというのが大きな理由。それに安価なボディー購入で浮いたお金で新たにレンズが買えるというのも多趣味な僕にとっては大きな利点でもあった(笑)。

それでは早速衝動買いしてしまったα390+SONY 18-55 SAMを持ち出して試し撮りをしてみたのが以下の写真。
c0198524_6551698.jpg
c0198524_6554347.jpg
c0198524_7252355.jpg
デフォルトの状態だとα350に比べグリーン系が強い印象の画。この週末は相変わらずの天気(この写真を撮影した日曜午後の散歩のときなんて13℃!)だったのでコレ幸いとISOも1600まで上げて撮影してみたけれど、α350よりも画像が荒くなる事も無く明らかに低ノイズな感じ。
c0198524_728388.jpg
c0198524_712988.jpg
c0198524_7282124.jpg
c0198524_7281329.jpg
今回付属して来た18-55 SAM。α350に付属して来た18-70よりも遥かに良い描写をする。シャープにも柔らかくも撮れるし近接撮影もオッケー。そしてボケも煩くなく程よいソフトさ加減。何よりもチープなプラスチックボディのおかげで(苦笑)単焦点レンズをつけているかのような軽さが素晴らしい。今回の付属レンズ、18-70のようにお蔵入りする事なくお手軽な普段使いレンズとして活躍しそうな予感(笑)。
c0198524_7353662.jpg
c0198524_7354922.jpg
前述したようにα350よりも遥かに素早くシャキッと決まるオートフォーカス。そのおかげで動くPresto写真もブレによる撮影失敗が激減した感じ。コレは勿論他のレンズでも試してみなければ何ともいえないけれど、自宅でシグマをつけて試してみた感触も以前よりも遥かに素早くピントが合うのがgood。でも本音を言うと実はα55のオートフォーカスの方がα390よりも遥かに気持ちよい使用感だった(ファインダー越しに見つめた場所にピントが素早くサクッとカッチリ合う感じ)。

それにしても久しぶりに撮影したPrestoの爆走写真。「あぁ楽しい〜♪」と一人ファインダー越しにニッコリしてしまった(写真撮影も僕にとっては立派なストレス解消法と改めて確認。笑)。
c0198524_7485558.jpg
c0198524_714275.jpg
c0198524_7491748.jpg
広角風景写真も上々の写り(自己満足)。最初は背面パネルの違いに戸惑ったものの、使用感も確実に進化しているようで以前よりも設定変更もパパパッと素早く変更可能。しかしSONYとシグマのレンズ、ピントリングの回転方向が正反対なのにはいつもながら戸惑ってしまう。どうしてこういう基本的なところでのブランドを越えた統一規格が無いのかが非常に不思議(右に回すか左に回すしかないのに)。
c0198524_82462.jpg
というわけで今日(日曜日)の試し撮りした枚数、驚きの200枚越え(汗)。試し撮りを終えての印象は「買って良かった」と非常に満足な評価。今後普段使いのシグマや単焦点レンズをつけての撮影でどんな画が撮れるのか非常に楽しみ。

しかしこのα390。350と同系列モデルなのにバッテリーもメモリーもUSBケーブルのコネクターまですべて異なる規格なのに驚き。以前使用していた交換バッテリーもメモリーも全〜部流用は不可(涙)。というわけで早速Amazonで予備バッテリーとSDカードを注文。これは完全に想定外の出費だった(困)。
c0198524_8134676.jpg
8月のはじめからはじまる夏休みにはこの思わず衝動買いしてしまった新しいカメラでPrestoの写真をバシバシ撮影しようと思っている(楽)。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ
にほんブログ村
by presto-presto | 2011-07-25 08:40
<< Dr.ジキルとMr.ハイドなP... シトシト雨降りの日曜日。 >>



-僕とパートナー・Tと共にドイツで暮らすウィペット・プレストとの日常の記録。                 Presto:2008年9月18日生まれの♂のWhippet。           
by presto-presto
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31