<   2009年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧
乳歯コレクション。
c0198524_953653.jpg
最近はガムやおもちゃも血まみれになる事もなく、Prestoの永久歯への生え変わりもようやく終わった模様。

写真は僕らが見つけたPrestoの乳歯コレクション。どうしても欲しかった犬歯が一本でも見つかったのは僕にとって嬉しいところ。

さてこの乳歯コレクション、どうしよう???

More
by presto-presto | 2009-02-27 09:28
水たまりの中の春。
c0198524_2521597.jpg
今日は本当に久しぶりに一日中暖かいお日様の光が照りつける早春らしい一日だった。
c0198524_381373.jpg
日陰に残っていた雪も殆ど溶け、道ばたの木々の芽もようやく膨らみ始めた。
水たまりに映り込む太陽と雲も何処となく春の訪れを感じさせ、キラキラとまぶしい程に輝いていた。
c0198524_2544333.jpg
これで雪融け水と連日の霧雨でドロドロにぬかるんだ散歩道と水を含みすぎてスポンジのような芝が乾いてくれれば毎朝の散歩も楽になる事は間違い無し。

そういえば今日はじめて、ウインターコートのジッパーを開けたまま僕はPrestoと一緒に散歩をした。
気温は5℃程だったけど、久しぶりに全身で感じる柔らかな空気と暖かい日差しに、春の訪れもそう遠くは無いのだという期待を抱かせてくれる、そんな一日だった。
by presto-presto | 2009-02-26 03:21
ある朝のショッキングな出来事。
c0198524_105637.jpg
今朝も僕らは日課の朝の散歩へ。今日はたまたまTも一緒に来る事が出来、二人と一匹で朝の清々とした空気を楽しみながら散歩を楽しんでいた。
毎朝行く川の畔の遊歩道は、雪解けと霧雨のせいでドロドロにぬかるんでいた。また芝生の上などはもう水を含んだスポンジのような状態で、僕らにとってはあまり気持ちの良いものではなかった。

しかしその悪路の状態などどうでも良くなるような事態が今朝の僕らをまっていたのだった。


※この先は食事前後の方々や汚い話が嫌な方はクリックしないで下さい。

More
by presto-presto | 2009-02-25 10:51
Presto流おやつの楽しみ方。
c0198524_7321857.jpg
Prestoにおやつを与えるとどうなるか?実況中継でお伝えしよう。

まずは手始め「Warte(待て)!」から。

最近は食べ物を近づけてもちゃんと待てが出来るようになってきたPresto。おやつの距離は段々近く、待ち時間は段々長く。名付けて反比例トレーニング(大層な名前つけたって普通のトレーニングでしょうに。T談)実行中。

More
by presto-presto | 2009-02-24 08:09
今週の週末散歩。
c0198524_20492875.jpg
最近どうも習慣化しつつある週末ハード散歩。
今週も僕らは日曜日の午後にしっかりと1時間半に及ぶ山道散策を敢行。

More
by presto-presto | 2009-02-23 21:45
銀世界。
c0198524_17101964.jpg
今朝起床し窓から外を眺めると、そこには一面の銀世界が広がっていた。

旧東ドイツやバイエルン地方、標高の高い地域では2〜3日前から大雪だというニュースが流れていた。けれども僕の住む街の雪はすっかり溶け、ここ数日は霧雨の降るぬかるんだ天候が続いていた。

それが今朝は道路も家々の屋根も真っ白。これで散歩に出てもPrestoが泥だらけになる事も無いだろう(あ、でも家の前の雪かきをしなくては・・・涙)。
by presto-presto | 2009-02-22 17:15
Warte!
c0198524_16535797.jpg
Prestoが「Sitz!(お座り)」の次に覚えたコマンドが「Warte!(待て)」。

これは餌を与える際に訓練した訳だが、Tにとって「Warte!」のあとに僕が発する「O.K.」のコマンドが何故か可笑しかったらしくはじめの頃はよく笑われた。

最近では写真のように、僕らが散歩の用意をしている間もちゃんと「Warte!」出来るようになった。Presto、この調子で良い子に育ってね!
by presto-presto | 2009-02-21 23:53
帰宅の喜び。
c0198524_1652139.jpg
仕事が終わり、帰宅する僕の階段を上る足音を聞きつけて、TとPrestoがドアを開けて僕を迎えてくれる(Prestoの場合起きている時限定。寝ているときは誰が来ようとテコでも動かない)。
ミッキーマウスのような細くて長い尻尾をフリフリしながら僕の耳を盛大に舐めてくれるPresto。そして家着に着替えた僕はTのその日のPrestoとの様子を聞きながら、リビングで一時Prestoと子供のように一緒に遊ぶ。


これがPrestoがうちにくる前には存在しなかった、仕事の疲れをも簡単に吹き飛ばしてくれるような帰宅の喜び。
by presto-presto | 2009-02-20 10:35
耳レーダー。
c0198524_936549.jpg
Prestoの耳は実に表情豊かに動く。

普段のポジションはさながらバットマンのトレードマークのコウモリのようにも見えるし、大きな音に驚いたりちびったりするような場面では耳は真後ろにピッタッと畳まれ収納される。

そして僕の一番のお気に入りが、写真のように片耳をピーンと立てて聞き耳をたてているポジション。
c0198524_940171.jpg
何故か片耳が立つのは右耳だけで、はじめは左耳が機能していないのではとも心配もしたが、ちゃんと両耳聴こえているようである。
この聞き耳立てはうとうとと寝ている時も有効で、「Presto」という言葉が僕らの会話の間に挟まったり、スナックの袋を開ける音がしたりすると直ぐさまピーンと片耳立つのが可笑しい。

このPrestoの表情豊かに動く耳を指して僕らは「耳レーダー」と呼んでいる。
by presto-presto | 2009-02-17 09:45
散歩のあとは。
c0198524_8283373.jpg
実は日曜の午後の散歩は中世の塔へ辿り着いて終わった訳ではなかった。

塔に辿り着き、さぁもう少し軽く散歩して家へ帰ろうかといっていたところでTの携帯が突然鳴った。それはTの両親からで今僕らのうちに向かっているとの連絡だった。
僕らは急いで家に向かうと丁度タイミング良くTの両親も到着したところだった。まずは僕らの部屋でお茶をして、勿論僕らはまた散歩へ・・・。

さすがに前回のようにハードな山道2時間コースという訳ではなかったが、既にPrestoとの週末散歩を済ました僕らにとっては十分な距離をTの両親と一緒に歩いたのだった。そして案の定次の日僕らの足はまた筋肉痛となり、二人とも重い足を引きずるようにして一日を過ごさなければいけなかった。

当のPrestoは勿論何の文句も無く、思いがけない3回の週末散歩を楽々こなし、ご満悦で深い睡眠についたのだった。
by presto-presto | 2009-02-16 08:27



-僕とパートナー・Tと共にドイツで暮らすウィペット・プレストとの日常の記録。                 Presto:2008年9月18日生まれの♂のWhippet。           
by presto-presto