<   2009年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧
抜歯と抜糸。
c0198524_16463841.jpg
昨日の午後は僕の奥歯の抜歯の為に自宅待機。午後3時の予約時間ピッタリに診察ははじまり30分後僕は長年人生を共にして来た左奥歯を失う。

1ヶ月程続いた奥歯の激しい痛みに終止符を打つべく抜歯を決断。「ミシッ」と「バキッ」の中間のような嫌な音が頭に響いて僕の奥歯を抜く作業は終わった。

歯医者からTと一緒に帰宅するとタイミング良くTの叔母Hと従姉妹のTとJuleが来訪。美味しそうなイチゴバナナケーキを持って来てくれて楽しいカフェタイムとなった訳だが、当然僕は御相伴にも預かれず、しゃべる事もままならず、コーヒーを飲む事も出来なかった。
Prestoははじめての我が家へのJuleの訪問に大興奮。
興奮しすぎたのか、いつもは閉じたままの口からベロを出してハァハァしまくっていた。

夜にはPrestoの包帯を換え、傷口を確認。
傷口を留めていた4針のホッチキスのうちの一つがとれかかっていたので、Tが針をぬこうとしたが(Tはかさぶたや日焼けの後の皮を剥くのが大好き)勿論そう簡単には針は抜けなかった。

木曜日に僕らはPrestoのこの針をぬく為に獣医を訪れる予定でいる。
by presto-presto | 2009-03-31 17:05
久しぶりの週末山散歩。
c0198524_1927228.jpg
いよいよ夏時間に移行した日曜日、僕らは久しぶりに揃って山散歩に出かけた。

土曜日から日曜日に変わる夜に1時間を失った日曜日(この日は23時間しか無かった)。
僕らはまだまだ明るい4時過ぎ(今までは3時)に町の反対側に壁のようにそびえる山道へと久しぶりにハードな散歩に行く事にする。

More
by presto-presto | 2009-03-30 20:02
雨の土曜日のゴミ拾いボランティア。
c0198524_2242559.jpg
今日は週末ゴミ拾いボランティアの日。

土曜の朝。起きてみればザーザー降りの雨。
Tに「本当に行くの〜?」とやる気無くお伺いを立てる僕。
勿論「当たり前でしょう。」という覆しようの無い答えが返って来た(涙)。

程なくして僕らは完全防水装備で今朝のボランティアの集合地である町の消防署へとPrestoと共に向かった。

消防署につくまでにPrestoも僕らも既にびしょ濡れ。

消防署についても清掃器具がおかれているだけでだぁ〜れもいない(勿論こんな雨の日にボランティアをしようと考える人は少ないに違いない)。
それでも僕らはゴミ袋と清掃器具を持っていつもの散歩道へと向かった。

c0198524_22494598.jpg
マジックハンドでゴミを拾う僕ら。
僕らの周りをずぶ濡れにもかかわらず、ご機嫌に爆走するPresto。

Prestoの監督兼ゴミを見つける係と実際に拾う係と爆走するものに分かれて作業する事2時間。大きなゴミ袋二袋一杯に僕らはゴミを収集する事に成功。

割れたビール瓶、瓶の王冠、プラスチックカップ、鋭いプラスチック片、大小ペットボトル、菓子の包み紙、ソーセージの包装、空き缶(飲み物ではなく食べ物!)、金属製ビア樽、サマーチェアーの残骸、無農薬食品の包装(食品に気を使うなら環境にも気をつけて欲しい!)、一口シュナップスの瓶、溶けたガラスの固まり・・・とにかく色々なものが毎日僕らが散歩に行く川沿いの遊歩道には落ちていた。


今回Tが雨にもかかわらずボランティアへの参加を固く決めていたのには理由がある。

それは先日のPrestoの足の怪我。

今日の行動はボランティアとはいえTにとっては自己防衛の一手段だったのだ。
多分犬を飼っていなければそれ程気にも留めない道端のポイ捨てゴミ。それが犬を飼い、毎日散歩に行くようになり、自然と愛犬の安全の為に注意は道に注がれ、はじめて気付いた膨大な量の道端のゴミ。

不思議な事に大抵のゴミやガラス片はベンチの側にあり、そこには立派なゴミ箱が設置されている。
それでもポイ捨てする人の心境とは?

諸外国にはエコ大国と名高いドイツだけれども、10年以上この国に住む僕の見解はちょっと違う。
国としてのエコに対する姿勢はさすがに感心する点も多いけれども、個人、といっても勿論すべての人がそうではないけれども、公共モラルに欠ける行為(ゴミのポイ捨てに限らず)を平然とする人々が意外に多く、また個人レヴェルのエコに対する考えは、実に大差(意識のある人とそうでない人)のある国だと思う。

僕らが雨の中、2時間かけてキレイにした散歩道も、明日天気がよくなればまたゴミまみれになるのだろう・・・。

それでも目につく大きなゴミや危ないガラス片はPrestoの安全の為にも僕らはこれからも拾い続ける事だろう。

c0198524_2316695.jpg
おまけの写真は、僕らに付き合って2時間ずぶ濡れで爆走してドロドロになったPresto。

勿論帰宅後は特急バスタブ直行便。

ここまでドロドロになったのは初めてかも。
びしょ濡れでブルブル震えるPresto。まずは暖かいシャワーで泥を落とし、シャンプー。洗った後は勿論恒例の部屋中大疾走の大運動会。

犬ってどうして洗った後、スイッチが入って大運動会になるんだろうか???
by presto-presto | 2009-03-28 23:32
順調な回復とマジック包帯。
c0198524_7562355.jpg
獣医の指示通り、診察から3日が過ぎた今日Prestoの包帯を取り変える。

ザックリ切れた皮膚を癒着させる為に打たれたホッチキスが見た目痛々しかったけど、傷口はどうやら無事くっ付いたようだった。

包帯を取り替える際にTと「さて包帯をどうやって留めよう?」と話し、テープまで用意してから新しい包帯に取り替えはじめたものの、巻き終わってみれば何と包帯自体がマジックテープのように簡単にくっ付いてしまうじゃないですか!

このハイテク(?)な犬用包帯に僕らは正直驚いたと共に、何だか肩すかしを喰らったような気分だった。
by presto-presto | 2009-03-27 09:54
ある春の暇な一日。
c0198524_6183645.jpg
今日は30分ごとに雨が降ったり嵐になったりいきなり吹雪いたかと思うとお日様がぽっと顔を出したりと、一刻毎にとてもめまぐるしく変わる春らしい天気の一日だった。

人生はじめての怪我をしてから一夜明けたPrestoは、まるで何事も無かったかのようにいつもと変わらぬPrestoだった(あたたかいお見舞いのコメントを入れてくださった皆さん、ありがとうございました!)。

定例の朝の散歩はTと一緒に15分程。そして夕方には僕の診察に付き添って病院の前まで2人+1匹で揃って散歩。夜もTと一緒にトイレ散歩と一応習慣になっている日に三回の散歩を欠かす事は無かった。
一日中爆走する事も許されず短い散歩だけだった為か、今日一日Prestoは写真のように外を恋しそうに見て過ごす事が多かった。

More
by presto-presto | 2009-03-25 09:35
災難は続く。
c0198524_418769.jpg
どうもついてない日は続くようで、日曜日に派手に足を挫いた僕に続き今朝(月曜日)はPrestoが怪我をする。


救急病院の診察により2日間の自宅安静を指示された僕。日課のPrestoとの朝の散歩も今日はTが代わりに行く事に。
普段は40分程かかる朝の散歩ルートの筈が、15分程でTとPrestoが帰宅。てっきり僕はTが怠けて夜のトイレルート(町中15分程で最短)で済ませたのかと思っていたら、何だかとても慌てたTが僕に玄関に直に来るように言うのが聞こえた。

今日は長いです・・・
by presto-presto | 2009-03-24 09:35
ついてない日。
c0198524_833434.jpg
何だか今日(日曜日)は僕にとってとてもついてない日だった。

暖かく明るい朝を迎えた日曜日、僕らは揃って気持ちの良い朝の散歩に出たもののつまらない事でTと久しぶりに口論。折角の気持ちの良い筈の日曜朝の散歩は台無しに。

そして午後には家を出たばかりの下り坂で、まるで漫画の太文字白抜き吹き出し効果音のような「グキッ!」という派手な音を立てて右足を挫く。
挫いた瞬間は思わずあまりの痛さに吐き気を催し、涙チョチョ切れてその場に5分ほど座り込み。散歩は勿論中止して家に逆戻り。
その後1時間程家で安静にしていたものの痛みが治まらないので、Tと一緒に家の前の救急病院へ。

とっても不親切で愛想の悪い看護婦さんに、まるで週末の夕方に来た僕に恨みでもあるかのような医者(その気持ちわからないでもないが・・・)の診察を受け、レントゲンも撮り、一応骨に異常は無い事を確認。別にこれといった処方も受けずに僕らはPrestoの待つ自宅へと帰宅。

写真は医師の指示を受けてソファの背もたれに足をのせて安静にする僕と、そんな事はお構い無しに爆睡するPresto。

それにしても本当に災難続きのついていないヒドい日曜日だった。
厄年まではまだ数年ある筈なのに・・・困ったものだ(涙)。
by presto-presto | 2009-03-23 08:17
初カフェ/ある週末の過ごし方。
c0198524_7292633.jpg
肌寒いながらも初春の太陽がポカポカと照りつけた土曜日。
僕らは近くの街へPrestoと共に週末散策へ。

僕らは勿論冬コートで完全防寒体制だったけれど、それでも日光が直接当たるオープンカフェに座ってもポカポカと暖かく、それなりに春らしい気分を楽しむ事が出来た。

More
by presto-presto | 2009-03-23 08:00
Experiement。
c0198524_1874530.jpg
皆さんこんにちは、Prestoです。

さて沢山のおもちゃ達を目前にしてお行儀良く一体僕が何をしているのかと申しますと、いつもの如く意地悪なく(え、ちょっとPrestoさん、僕たち意地悪ですか(汗)?飼い主談)飼い主様に「待て!」のコマンドを受けて仕方なく、でもちょっとダンディー(?)に静かに待っているんです。

どうしてこんなにおもちゃが眼前に並んでいるのかと申しますと、今日は何やら飼い主様、僕をダシにして実験を行いたいそうなのです。

その驚愕(!?)の実験の内容とはズバリ「Prestoの一番好きなおもちゃを探れ」だそうです。

それでは写真左より僕のおもちゃを紹介します。
1 噛み心地最高。振り回して凶器にも転用可のお馴染み・ロープボーン
2 引っぱり遊びに欠かせない・デンタコング
3 フカフカな噛み心地とピーピー鳴き加減がお気に入りの・シープボーン
4 噛んでも咬んでも減らない・雄牛の尻尾
5 こらまたお馴染み・牛皮ガム
6 独特の歯触りと柔らかさ、哀れな鳴き加減が最高の・フィフィー

何だか噛みものオモチャばかりだねぇというのはおいといて・・・

さて、ここで問題です。
「待て!」のコマンドを解かれた僕は、どのおもちゃを真っ先に選んだでしょうか?
by presto-presto | 2009-03-22 08:49
寒の戻り。
c0198524_17463774.jpg
先週末から続いたポカポカ陽気から一転、ここ2〜3日は冬に逆戻りかという程寒い日が続いている。
それでも日中は青空が広がり、力強い初春の太陽を全身に浴びると、それはそれでとても気持ちの良いものだ。

天気予報では週末は雪とかいっていたのに(今更雪なんか降ってもらっては困る)、とりあえず今日は気温は3℃しかないものの雲一つない快晴。
そんな訳で既にPrestoは窓から見える青空にウキウキ気分で、すでに朝の散歩(週末はちょっと遅め)に向けての準備も万端で僕の事を待っている。
by presto-presto | 2009-03-21 17:54



-僕とパートナー・Tと共にドイツで暮らすウィペット・プレストとの日常の記録。                 Presto:2008年9月18日生まれの♂のWhippet。           
by presto-presto